みなさんは取引手数料って年どのくらい払ってますか?

取引所によっては手数料が1%より低いんで、あまり気にしませんよね(笑)

ですが、1年を通してみると意外と結構な額の手数料を払ってると思います。

今回はそんな手数料に関係がある仮想通貨、0x/ZRX(ゼロエックス)特徴チャート将来性取引所について解説をしていきます。

0x(ゼロエックス)とは


0x(ゼロエックス)は2017年8月に公開された仮想通貨で、略号はZRXとなっています。

0x(ゼロエックス)の基本情報
通貨名 0x(ゼロエックス)
通貨略号 ZRX
公開日 2017年8月
発行上限枚数 1,000,000,000ZRX
取り扱い取引所 Binance(バイナンス)
Bittrex(ビットトレックス)
Poloniex(ポロニエックス)
WEBサイト https://0xproject.com/
ホワイトペーパー https://0xproject.com/pdfs/0x_white_paper.pdf
時価総額

0xは、イーサリアムのトークン同士を低手数料で交換できるようにしよう!として作られた仮想通貨です。

近年、イーサリアムを使ったトークンが増えてきているのはご存知ですか?

なぜイーサリアムを使ったトークンが増えてきているかというと、ERC20の存在があるからです!

このERC20とは、イーサリアムと一緒に開発された仮想通貨の技術です。

ERC20を利用しているトークンはイーサリアムと同様にイーサリアムウォレットで管理できたり、スマートコントラクトをERC20を利用しているトークン同士で利用できたりします。

要するに、イーサリアムをベースとしてトークンを作成するイメージですね!

このイーサリアムを使ったトークンは個人でも作成することができるため、仮想通貨の認知度が広がるにつれその種類も増やしています。

ですが、その種類が何十種類にもなってくると、売買を行うだけでも作業が多くなってしまいます。

たとえば、ACCというトークンをAPPCというトークンに換えたい時、みなさんならどうしますか?
ACCとAPPCを取り扱っている取引所を調べて、その取引所に登録をして売買・・・・という流れをとるかと思います。

ですが、それってすごくめんどくさいですよね?

そこで、イーサリアムのトークン同士だったら低手数料ですぐに交換できるようにするという目的で0xは作られました。

0x(ゼロエックス)の特徴


ここからは0x(ゼロエックス)の特徴について簡単に説明していきます。

分散型取引所(DEX)を作るためのプロトコルを提供

そもそも分散型取引所(DEX)とは何でしょうか?

分散型取引所(DEX)とは、中央管理者がおらず、個人間で直接仮想通貨のやりとりができる取引所です。

現在主流になっている、Binance(バイナンス)やbitFlyer(ビットフライヤー)といった取引所は中央集権型取引所と呼ばれ、その名のとおり、取引の中央には管理者(取引所)が存在します。
そして、多くの利用者はその取引所に資産を預けています。

ですがコインチェックのNEM盗難事件のようなハッキング事件があったら大変ですよね?

そこで中央集権型取引所では、ハッキングリスクに対する対策として莫大な費用をかけています。
そして、その費用は取引手数料としてユーザーから取っています。

そこで、最近では分散型取引所が注目され始めてきています。

この分散型取引所は、取引の板(どの通貨をどのくらい売るのか、あるいは買うのかの注文を出すところ)を表示することだけができる取引所です。
分散型取引所では資産の管理や取引はすべてブロックチェーン上で行います。
ブロックチェーン上で行うというこはそれだけで安全性が高くなります。
そのためハッキング対策の費用などもカットすることができ、手数料がほとんどかかりません。

また、中央管理者がいないということは本人確認も必要ありません。
免許証を撮影したりパスポートを提出したりといっためんどくさい作業がなくなります!

GOX事件や詐欺ICOのように管理者や内部の人間が資産の横領をすることもなくなります。

分散型取引所はメリットだらけですね!

ですが、「これだけ分散型取引所にメリットがあるのに、なんでみんな分散型取引所じゃなくて中央集権型取引所を使ってるの??」
と疑問に思うかと思います。

なぜかというと、分散型取引所は最近できたばかりなので、認知度は低く利用するユーザーもかなり少ないです。
そのため仮想通貨の流動性も少なく、注文を通すのが難しい状況だからです。

ですが、この問題は分散型取引所の認知度が広まることで解決するだろうといわれています。

ここまで分散型取引所の説明を長々としてきましたが、0xの話に戻ります。

0xはこの分散型取引所を作るためのプロトコルを提供します。

プロトコルはルール、規則といった意味です。

0xのプロトコルはイーサリアムのブロックチェーン上で使うことができます。
そのため、ERC20トークンはトークンの取引に手数料はかかりません。

また、0xのプロトコルはオープンソースになっており誰でも開発を行うことができます。

ERC20トークンの交換をオフチェーンで行う

0xはERC20トークン同士なら交換をオフチェーンで行ってくれます。

これはさきほども説明したとおり、あるトークンを持っていないと利用できないサービスがあったら、そのトークンをいちいち購入しなければなりません。
それってすごくめんどくさいことです!

そこで0xはERC20トークン同士なら自動で交換をしてくれます。

つまり、今まではAというコインがないと使えなかったサービスが、0xを利用することでERC20トークンのどれを使ってもサービスが利用できるようになるということです。

0x(ゼロエックス)のチャート


0x(ゼロエックス)のチャートは下のようになっています。


0xは2017年1月に高騰しており、その後アルトコイン全体の暴落の影響で0xも価格を落としています。

0x(ゼロエックス)の将来性


0xはイーサリアムのトークン同士の手数料が低くなり、流動性を高めることがでます。
そのためイーサリアムブロックチェーンを使用するトークンが増えるほどその価値が高くなると思います。

また、分散型取引所の認知度が広まっていけば、おのずと0xの価値も認められていくでしょう!

0x(ゼロエックス)の買い方・取り扱い取引所

残念なことに0xは国内の取引所では取り扱っていません

取り扱いがあるのは海外のPoloniex(ポロニエックス)、Binance(バイナンス)、Bittrex(ビットトレックス)等です。

そこで0xを取り扱っている取引所の特徴について簡単にまとめましたのでご覧ください!

Poloniex(ポロニエックス)

アメリカの取引所で取り扱っているコインは100種類以上、手数料は0.1~0.15%です。
本人確認としてパスポートなどが必要なため登録がすこし手間な取引所となっています。
Poloniex(ポロニエックス)取引所公式サイトはこちら

Bittrex(ビットトレックス)

アメリカの会社が運営している世界最大級の取引所で200種類以上のコインを取り扱っています。
手数料は0.25%となっており、少し高いです。
Bittrex(ビットトレックス)取引所公式サイトはこちら

3つの取引所を簡単に比較しましたがいかがだったでしょうか?

ここからは国内取引所へ日本円を入金して海外取引所でZRXを買うまでの流れを簡単に説明しますので参考にしてください!

おすすめのZRXの買い方

  1. 国内取引所Zaif(ザイフ)へ日本円を入金する
  2. Zaifでビットコインを日本円で購入する。
  3. ZaifからビットコインをBinanceへ送金する。
  4. BinanceでZRXをビットコインで購入する。

0x(ゼロエックス)のまとめ


0x(ゼロエックス)の特徴・チャート・将来性・取引所について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

0xは通貨としての利用ではないため個人投資家の方にはあまりピンとこないかもしれません。

0xが今後価値を高めていくためには、やはり利用する開発者の方に認められていく必要がありそうです。