みなさんはマイニングをしたことはありますか?

私は一度マイニングをしたくて調べたことがありますが電気代が高くなりそうで諦めました(笑)

今回はそんなマイニングに特徴がある仮想通貨、Aeternity(エターニティ)特徴チャート将来性取引所について解説をしていきます。

仮想通貨なんだからマイニングに関係があるのは当たり前でしょ?
と思われるかも知れませんが、このAeternityは特にマイニングに特徴がある仮想通貨です!

Aeternity(エターニティ)とは

Aeternity(エターニティ)は2016年12月に公開された仮想通貨で、略号はAEとなっています

Aeternity(エターニティ)の基本情報
通貨名 Aeternity(エターニティ)
通貨略号 AE
公開日 2016年12月
発行上限枚数 調査中
取り扱い取引所 Binance(バイナンス)
WEBサイト https://www.aeternity.com/ja
ホワイトペーパー
時価総額

Aeternityは高速な処理をしよう!として作られた仮想通貨です。

突然ですがビットコインのスケーラビリティ問題というものはご存知でしょうか??

スケーラビリティとは一言でいうと拡張性のことで、システムの能力を状況に応じて柔軟に対応できる適応力のことです。

ビットコインのスケーラビリティ問題とは、ビットコインブロックチェーンのブロックのサイズに制限があるせいで、1ブロックに書き込める処理の数が限られてしまい、結果としてデータ処理速度が遅くなるので送金に時間がかかってしまう問題です。

ビットコインは世界中で取引されており、今後も取引量が増えてしまうと処理がおいつかなくなる可能性があります。

そこでそのような問題を解決するためにAeternityは誕生しました

Aeternityはイーサリアムを元に作られた仮想通貨であり、スケーラビリティ問題に対応しているため、イーサリアムの高機能版といわれています。

Aeternity(エターニティ)の特徴


ここからはAeternity(エターニティ)の特徴について簡単に説明していきます。

スマートコントラクトをオフチェーン処理できる

スマートコントラクトという言葉をご存知でしょうか。

直訳すると、賢い(smart)契約(contract)という意味になります。

スマートコントラクトはイーサリアムの代表的な特徴の1つで、ブロックチェーン上にお金のやり取りだけでなく、契約内容もすべて記録する技術のことです。

たとえば今までのやり方で「A君がB君にりんごを1個100円で5個売る」という契約書を書くとすると

「A君がB君にりんごを5個渡す、B君はA君に500円渡す」

という契約書を作成します。
そして、契約が正当なものであるということを裏付けるために、A君とB君以外の第3者が仲介人として入ります。
場合によっては、契約書が悪用されたり改善されないように署名、保障人を立てるなどの対策を立てます。

このように既存の場合では契約を結ぶ際に第三者の人間が必要でした

ではスマートコントラクトの場合はどうなるのでしょうか?

スマートコントラクトの場合は第三者を必要としない契約を結ぶことができます

イーサリアムのブロックチェーンは改ざんができないため、契約を改ざんすることはできず、その契約は世界中の人が見ることができるのでその契約が正当なものであるということの証明になります。

また、スマートコントラクトは契約を自動で実行するため、A君がB君にりんごを5個渡したことがわかれば、自動でB君からA君に500円が渡るようにします。

これがイーサリアムのスマートコントラクトです。

ではAeternityの特徴であるスマートコントラクトをオフチェーン処理するというのはいったいどういうことでしょうか。

オフチェーン処理とはブロックチェーン外で処理をするということです。

Aeternityは「State Channel」という専用のチャンネルを設けることで、ブロックチェーン上でなくてもスマートコントラクトを実行できるようにしました。
このオフチェーン処理は、契約の内容を外部に隠して結ぶことができます。

このState Channelは企業間の商取引や機密情報が関わる契約などに使われそうですね!

スマホでもマイニングができる

Aeternityは「Cuckoo Cycle」と呼ばれる技術を用いることでスマホでマイニングを行うことができます。

ビットコインのマイニングは、超ハイスペックのパソコンを何台も使い、膨大な電力を消費してマイニングしているのはご存知かと思います。

それに比べてAeternityはスマホでマイニングができるため個人でも気軽にマイニングを行うことができるようになりました

Aeternity(エターニティ)のチャート

Aeternity(エターニティ)のチャートは下のようになっています。


Aeternityは2018年2月にバイナンスに上場しましたが上場直後から値段を落としています。
これはアルトコイン全体の価格が下落している時期のため、その影響をうけてAeternityも下落していると思われます。

Aeternity(エターニティ)の将来性


Aeternityはまだまだ開発段階の通貨で、2018年にメインネットに着手する予定です。

マイニングがスマホで簡単にできるということで注目を集めています。

また、ビットコインやイーサリアムの課題を解決する通貨ということで、今後の開発が順調に進めば価値は認められていくと思います!

Aeternity(エターニティ)の買い方・取り扱い取引所


残念なことにAeternityは国内の取引所では取り扱っていません

取り扱いがあるのは海外のBinance(バイナンス)等です。

バイナンスは取り扱っている通貨が豊富なことで有名です。
国内の取引所では多くても十数種類の仮想通貨しか取引できませんが、バイナンスでは100種類以上の通貨を取引することができます。
また、取引手数料が0.1%と安い点も魅力の1つです。

バイナンスについては下の記事が詳しくまとめてあるのでおすすめです!

それではここからは国内取引所へ日本円を入金して海外取引所でAeternityを買うまでの流れを簡単に説明しますので参考にしてください!

おすすめのAEの買い方

  1. 国内取引所Zaif(ザイフ)へ日本円を入金する
  2. Zaifでビットコインを日本円で購入する。
  3. ZaifからビットコインをBinanceへ送金する。
  4. BinanceでAEをビットコインで購入する。

Aeternity(エターニティ)のまとめ


Aeternity(エターニティ)の特徴・チャート・将来性・取引所について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

まだまだ開発中の通貨ということで今後の動向が楽しみな通貨ですね!!