最近「〇〇〇〇取引所で仮想通貨が流出!!」、「〇〇〇〇株式会社がトークンの発行を発表!!」というようなニュースが多く取り扱われていますがみなさんは「仮想通貨(暗号通貨)」と「トークン」の違いを理解していますか?

仮想通貨を始めて日が浅い人の中には「ビットコインを買ったはいいけど仮想通貨ってどういう意味?」「仮想通貨とトークンの違いがわからない!」という方が大勢いると思います。

そこで今回は意外と知らない仮想通貨(暗号通貨)とトークンの違いについて解説していきたいと思います。

仮想通貨(暗号通貨)とは


ビットコインの事を人によっては「仮想通貨」と呼んだり「暗号通貨」と呼んだりしているのを聞いたことがあると思います。

どちらが正しいのかというと、どちらも間違ってはいません

仮想通貨という名前は日本で呼ばれているだけで、海外では主に「cryptocurrency(暗号通貨)」と呼ばれています。

また、「cryptocurrency(暗号通貨)」の意味は「暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をする通貨」です。簡単に言うと、暗号を使うことで安全に取引が出来る、インターネット上の新しい通貨ということです。

また、「仮想通貨」についてはビットフライヤー公式ページに記載がありましたので下記を見てみましょう。

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。

簡単に言うと、一般的に言われている仮想通貨はインターネット上にだけ存在するお金で、日本円や米ドル、ユーロなどの国や機関が発行をしていない通貨の事です。

仮想通貨も暗号通貨もどちらもほとんど同じ意味合いですね。

仮想通貨の多くは、国や公的機関が存在しない非中央集権型で稼動していて、マイナーがマイニングをすることによって新規発行されています。

マイニングとは

一定期間ごとにすべての取引記録を今までの取引台帳に追記する作業の事。またマイニングをする人をマイナーという。

また発行枚数が決まっており、ビットコインの総発行量は2100万BTCと決まっております。

稼動するプラットフォームについては独自のプラットフォーム上で稼動しているという特徴もあります。

こういった非中央集権型で発行元が存在しない仮想通貨の事をカレンシータイプと呼びます。一般的に仮想通貨の事を指すときはこのカレンシータイプを指すことが多いです。

また、カレンシータイプではない仮想通貨の事をアセットタイプと呼びます。
アセットタイプは中央集権型で他の仮想通貨のプラットフォームを使用しています

トークンとは


トークンという言葉について仮想通貨に触れて初めて知った方もいらっしゃると思います。ですがトークンというのは仮想通貨の専門用語ではなく、あくまで一般的に使用される言葉です。

トークンの意味については広く「証拠、記念品、代用貨幣、引換券、商品券」等を意味しておりますが、仮想通貨では「代用貨幣」という意味が使われています。代用貨幣とはお金の代わりとして使われるもの(昔で言う米俵や穀物)の事です。

トークンは中央集権型で開発者が管理をしています。そのため発行上限数、流通量はトークンの管理者が設定をできます

また、トークンは一般的な仮想通貨とは違い、独自ブロックチェーン上で稼動するものではなく、ビットコインやイーサリアムといった他の仮想通貨のプラットフォームを使用しています

つまり、上記のような特性からアセットタイプであるためトークンとは仮想通貨の一種であるといえます。

仮想通貨とトークンの違いについて


上で説明したように、厳密に言うとトークンは仮想通貨の一部ですが、一般的に仮想通貨と呼ばれているものとは性質が異なります

「一般的な意味」と「厳密な意味」での仮想通貨に少しずれがあるため分かりにくいとは思いますが、
厳密には仮想通貨とトークンは同じ「仮想通貨」ですが、一般的に知られている仮想通貨(ビットコイン等)とトークンは違うものとなっています。

一般的な仮想通貨(ビットコイン等)とトークンの違いについて以下にまとめました。

一般的な仮想通貨とは

・国や公的機関が管理をしない非中央集権

・発行上限が決まっている

・マイニングがある

・独自のプラットフォーム上で稼動している

・代表的な仮想通貨:BTC、ETH、NEM

トークンとは

・開発者が管理をしている非中央集権

・発行上限が決まっていない

・マイニングがない

・他の仮想通貨のプラットフォーム上で稼動している

・代表的なトークン:ZAIFトークン、COMSAトークン

なぜトークンは発行されるのか?


企業が何か新しいサービスを始める際に、資金調達手段として新規に株を公開する事があります。

トークンもその株の役割に似ており、企業が新しいサービスを始める際に仮想通貨を資金調達手段として使いたい場合にトークンを発行します。

トークンを発行するメリットは従来の資金調達手段と比較した場合の大幅なコスト削減です。

また株と違いトークンは個人でも発行ができるため、個人で何か面白いビジネスをしようとしている人にとっては画期的な資金調達手段となります。

トークンを購入できる取引所


取引所で仮想通貨の売買は積極的に行われておりますがトークンの売買が出来る取引所はそう多くはありません。
日本国内でトークンの購入が出来るのはZaif取引所のみとなっており、以下の9種類のトークンを取り扱っております。

Zaif取引所の取り扱いトークン

ZAIF(ザイフ)
XCP(カウンターパーティー)
BCY(ビットクリスタル)
SJCX(ストレージコインエックス)
FSCC(フィスココイン)
PEPECASH(ペペキャッシュ)
CICC(カイカコイン)
NCSC(ネクスコイン)
COMSA(コムサ)

また、購入の仕方などは下の記事に詳しく記載しております。

まとめ


仮想通貨とトークンの違いについて解説しましたがいかがだったでしょうか。

一口に仮想通貨と言っても人によってビットコインの事を指していたり、トークンまで含めた広い意味で指していたりと、少し認識が違うためややこしかったと思います。

基本的に覚えていてほしい事は一般的な仮想通貨(ビットコインやイーサリアム)は管理者のいない非中央集権ですがトークンは管理者のいる中央集権であるということです。

それだけ覚えていれば「非中央集権=マイナーがマイニングをして新規発行される」と紐付けられたり、「中央集権=管理者が新規発行している=流通量は管理者が調整できる=通貨の価値を操作できる=リスクが高い??」等、応用して自分で考えられるようになるはずです。

以上で解説は終了しますが、仮想通貨やトークンを買う場合はしっかりとその通貨の特性を見極め、自分でよく考えてから購入するのが良い思います。