ビットコイン取引量世界一!ビットフライヤー(bitFlyer)特徴・登録方法・手数料・入出金方法・送金方法について解説していきます。

ビットフライヤー(bitFlyer)公式ページはこちら

ビットフライヤーの特徴

ビットフライヤーは2014年1月に設立され、運営会社である株式会社bitFlyerの資本金は国内取引所の中で最多となります。
またビットコインの取引量が国内最多なため、板が安定しているという特徴もあります。

ビットフライヤーの登録方法

アカウントの作成だけならメールアドレスだけあればOKなのでとりあえず作成しておいて損はありません。

口座開設

  1. こちらからビットフライヤー公式サイトへアクセス。
  2. 赤枠にメールアドレスを記入し、アカウント作成をクリック。
  3. 先ほど記入したメールアドレスへ下記のようなメールが届くため赤枠キーワード初回パスワードを控え、青枠のリンクをクリック。
  4. 各種利用規約の確認をし、赤枠内にチェックを入れ、bitFlyerをはじめるをクリック。
  5. 以上で登録自体は完了です。続いて本人確認の手続きを進めていきます。

本人確認

  1. まずは取引時確認の入力からはじめるをクリック。
  2. 続いて本人情報を入力するページが出てくるので姓・名・性別・生年月日・住所・電話番号を記入し登録情報を確認するをクリック。
  3. 入力した本人情報を確認し、間違いがない場合はご本人情報を登録するをクリック。
  4. 続けてご本人確認資料を提出するをクリック。
  5. 本人確認の資料は下記の12種類となります。今回は一例として運転免許証の場合を説明します。
  6. 運転免許証の表面と裏面の写真を撮影し、画像ファイルを選択するへアップロードした後、ご本人確認資料を提出するをクリック。
  7. 続けて、取引目的等を確認するをクリック。
  8. 赤枠内の自分が当てはまる箇所にチェックを入れ、入力するをクリック。
  9. 続けて銀行口座情報を登録するをクリック。
  10. 本人名義の銀行口座を記入し、登録情報を確認するをクリック。
  11. 銀行口座情報が正しいことを確認し、銀行口座情報を登録するをクリック。

以上で本人確認は終了となります。すでに入金が出来る段階まできましたが、入金前に必ず2段階認証を済ませておきましょう!

2段階認証

  1. トップページに戻り、アカウント情報の下にある二段階認証をクリック。
  2. 二段階認証設定を変更するをクリック。
  3. 登録されたメールアドレスに6桁の確認コードが届いているはずなので確認コードをコピーする。
  4. 赤枠内に先ほどコピーした確認コードをペーストし次へをクリック。
  5. 確認コードの取得方法は3種類ありますが、ここでは当サイトが推奨しているGoogle Authenticatorを用いた二段階認証の設定の仕方について説明していきます。

    Google Authenticatorのダウンロードが済んでいない方こちらの記事を読みながらダウンロードしてください。

    ダウンロードが済んでいる方は下記の画像のように赤枠内にチェックをつけ次へをクリック。


  6. いつ使用するかについては、ログイン時外部アドレスの登録時日本円の出金時仮想通貨の外部送付時全てに必ずチェックをつけてください!

  7. 認証アプリを使用してQRコードを読み確認コードを入力した後、二段階認証を設定するをクリック。
  8. 以下の画面が出れば二段階認証の設定は完了です。念のためビットフライヤーを一度ログアウトし、再度ログインした際に二段階認証を求められるか確認してください。

入金方法

入金方法には銀行振り込みクイック入金の2種類がありますの解説していきます。

銀行振り込み

  1. ログイン後、左にあるメニューから入出金をクリック。
  2. <三井住友銀行へ振り込みの場合>画面中央にあるお客様用日本円振込先お客様口座情報に記載の口座から送金する。

  3. ※必ずビットフライヤーに登録している銀行口座から入金を行ってください

  4. <住信SBIネット銀行振り込みの場合>画面中央にあるお客様用日本円振込先へお客様口座情報に記載の口座から送金する。その際振込み人名義は赤枠の中に記載の「5桁の数字 振込名義」という形式で送金する。

  5. ※必ずビットフライヤーに登録している銀行口座から入金を行ってください
    ※振込み人名義に5桁の数字を入力せず振込してしまった場合、お問い合わせフォームから「アカウントID」、「5桁の数字 振込名義」、「振込日時」、「振込金額」をお知らせください

口座に反映されるまでの時間と手数料

口座に反映されるまでの時間の目安はビットフライヤー公式ページに記載がありました。

■三井住友銀行のお客様専用口座へのご入金の場合
銀行の営業時間内に随時入金作業を行っております。
※翌日扱いの入金の場合は、翌銀行営業日の午前9時以降に順次処理が行われます。

■住信SBIネット銀行のお客様専用口座へのご入金の場合
原則として土日も入金が行われます。
※毎月5・10日、週始め、祝日明け、月末等は、金融機関の処理にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。
なお、銀行振込をご利用でご入金からお時間が経過しても反映されない場合は、入出金お問合せフォームよりご入金情報等をお知らせください。

だいたいの目安としてどちらの銀行も口座に反映されるまで丸一日かかると思っていてください。三井住友銀行の場合は土日祝日は営業していないのでさらに時間がかかってしまいます。また振り込み手数料は負担することになります。

クイック入金

クイック入金とは24時間365日ネット入金が可能なオンライン入金サービスの事です。クイック入金を利用するとその入金が口座残高に即時反映されます。ただし、クイック入金を利用するには324円の手数料が発生します。

クイック入金には「インターネットバンキングで入金する」、「銀行ATMから入金する」、「コンビニから入金する」の3種類がありますのでそれぞれ解説をしていきます。
はじめに、赤枠クイック入金をクリックしクイック入金のページに飛びます。

インターネットバンキングで入金する
  1. 入金したい金額を赤枠内に記入。
  2. 赤枠から入金に使用するインターネットバンキングをクリック。
  3. インターネットバンキングの振込ページに飛ぶので振込を行う。
銀行ATMから入金する
  1. 銀行ATMから入金するをクリック。
  2. 赤枠内に入金したい金額を記入後、青枠内のペイジーをクリック。
  3. ペイジーの決済申込確認ページへ飛ぶので決済を行う。
コンビニから入金する
  1. コンビニから入金するをクリック。
  2. 赤枠内に入金したい金額を記入後、青枠内のコンビニエンスストアをクリック。
  3. ページ中ほどにあるコンビニでのお支払いから支払いに使用するコンビニをクリック。
  4. 各画面の支持に従いコンビニで支払いを行う。

仮想通貨の売買の方法

こちらでは実際に仮想通貨を売買するための手順を解説していきます。まだ入金が済んでいない方は先に入金を済ませてからにしてください。

販売所と取引所の違い

ビットフライヤーで仮想通貨を売買出来る所は「販売所」と「取引所」の2つとなっていますのでその違いを解説します。

販売所はビットフライヤーと個人で直接売買を行う所です。

ビットフライヤーは元々多額のビットコインを仕入れて保有しているので、ユーザーはビットフライヤーが保有しているビットコインを買ったり売ったりすることが出来ます。また、ビットフライヤーの提示価格を払えばすぐに買う事ができ、売る場合も提示価格でならすぐに売ることも出来ます

そして販売所ではイーサリアムやモナコイン等のアルトコインも売買出来ます

手数料は無料となってますが、販売所でのビットフライヤーの提示価格での売買となるため取引所の相場に比べて高い値段で買い、低い値段で売る事になります。よって販売所で売買をしたほうが損になってしまいます。
まとめると以下のような特徴があります。

販売所

・ビットフライヤーと個人で売買を行う所

・手数料は無料だが取引所よりも高い値段で購入しなければいけない

・提示価格ですぐに購入出来る

・取り扱っているアルトコインも購入出来る

続いて取引所の説明をしていきます。
取引所はビットフライヤーが仲介をして個人と個人が売買を行う所です。

たとえばAさんが600,000円で1ビットコインを購入したいと思い、600,000円で1ビットコインの買い注文を出します。それに対してBさんが600,000円で1ビットコインを売りたいと思い600,000円で1ビットコインの売り注文を出すと取引が成立し売買が行われます。この際、誰も売り注文を出さなかった場合は特に何も起こらず手数料も取られません。

こういった面から手続きだけなら取引所より販売所のほうが簡単です。

手数料は0.01%~0.15%となっており、詳しくはこちらをご覧ください。販売所と違い手数料はかかってしまいますが、希望の値段で売買を行うことが出来るため取引所で売買をしたほうが得になります。

ただし、取引所ではビットコインしか取引できないため、ビットフライヤーのみしか登録していない方は販売所でしかアルトコインを売買することが出来ません。そこで、アルトコインの売買も行う方は他の取引所も登録したほうが良いでしょう。

国内の大手取引所でアルトコインを売買をする場合はザイフ(zaif)がオススメです。また、海外の取引所でアルトコインを売買する場合は取り扱い通貨が多いバイナンス(BINANCE)がオススメです。

実際に私がアルトコインの売買で使用しているのはバイナンスで、取引手数料が低く日本国内では取り扱っていない通貨を多数扱っているので非常に使い勝手が良いです。
まとめると以下のような特徴があります。

取引所

・個人と個人で売買を行う所

・手数料はかかるが販売所よりも安い値段で購入できる

・希望の値段で注文を出すので売買まで時間がかかる場合がある

・ビットコインしか取引出来ない

販売所での売買の仕方

  1. ビットコインは取引所で売買したほうがお得なため、ここではアルトコイン販売所での売買の仕方を説明していきます。まずはログイン後、左にあるメニューからアルトコイン販売所をクリック。
  2. 赤枠内のアルトコインのリストから購入したいアルトコインを選択。(ここでは一例としてライトコインを選択)
  3. 赤枠内の数字が購入価格青枠内の数字が売却価格となり、一例のライトコインの購入価格は18,018円、売却価格は16,584円となる。
  4. <購入する場合>購入する場合は数量に購入したいだけの数字を入力しコインを買うをクリック。例えば0.01LTC購入したい場合は0.01と入力しコインを買うをクリック。
  5. <売却する場合>売却する場合は数量に売却したいだけの数字を入力しコインを売るをクリック。例えば0.01LTC売却したい場合は0.01と入力しコインを売るをクリック。
  6. 6秒以内に注文を実行してくださいという表示が出るため注文に間違いがない場合は注文実行をクリック。誤注文の場合はキャンセルをクリック。
  7. 残高に注文結果が即時反映されていれば正常に注文が通っている。

取引所での売買の仕方

ログイン後、左にあるメニューからビットコイン取引所をクリックするとビットコイン取引所に移ります。
取引所内では取引履歴やグラフ、チャットなどを見ることが出来るのでそちらの解説からしていきます。

取引所内の解説

ビットコイン取引所は下の画像のようになっております。まずここでは一番重要である「板」の解説をしていきます。

板とはビットコインなどの銘柄の売り買いの注文状況をリアルタイムで表示する機能のことで、下の画像の赤枠で囲まれているところを買い板青枠で囲まれている所を売り板と呼びます。買い板とはビットコインを買いたい人の集まっている価格帯のことで、売り板とはビットコインを売りたい人の集まっている価格帯のことをいいます。

例えば下の画像の赤枠で囲まれた箇所は910,680円のレートで0.4807BTCの買い注文があることを示しています。また青枠で囲まれた箇所は911,499円のレートで0.0514BTCの売り注文があることを示しています。

板の見方として、売り注文は板の下に行くほど安い価格買い注文は板の上に行くほど高い価格です。

続いて取引履歴の見方を説明していきます。取引履歴の各項目は「BUY:買い注文」、「取引時刻:取引した時間」、「価格(BTY/JPY):取引をした際のビットコインのレート」、「数量(BTC):取引をした際のビットコインの数量」です。例えば赤枠の取引の場合は22時24分に911,070円のレートで0.00788BTCの買い注文があったという事を示しています。

ページ下部へスクロールすると注文履歴を見ることが出来ます。ここでは過去にビットコイン取引所で行った履歴を見ることができ、指値注文をしている場合はキャンセルを行うことも出来ます。

取引の仕方
  1. ログイン後、左にあるメニューからビットコイン取引所をクリック。
  2. 赤枠購入するBTCの数量青枠購入する価格(レート)を入力してコインを買うをクリック。ビットコインを売却する場合は赤枠売却するBTCの数量青枠売却する価格(レート)を入力してコインを売るをクリック。
  3. 注文に間違いがないことを確認して注文を実行するをクリック。
  4. ページ下部の注文履歴に注文が反映されていれば正常に注文が通っています。
  5. もし注文を間違えてしまったり指値注文を入れ間違えた場合などは注文履歴の「×」を押すとキャンセルすることができます。
  6. ビットコイン取引所での取引の仕方は以上となります。

お得に仮想通貨を売買するためのポイント

お得にビットコインを売買するためには板を見ることがポイントになります。
下の画像のような板の時、一番安い売り注文の価格は911,282円となっています。つまり、この時点で一番安くビットコインを購入出来るレートとなります。
逆に一番高い買い注文は910,742円なので、一番高くビットコインを売却出来るレートとなります。

上記の例はすぐにビットコインを売買する場合の手法の一つです。すぐビットコインを売買せず自分の好きな値段で売買したい方は指値注文をするのが良いでしょう。

出金方法

  1. ログイン後、左にあるメニューから入出金をクリック。
  2. 日本円ご出金をクリック。
  3. 画面中央のお客様口座情報に記載の銀行口座が間違いない事を確認し、青枠の中をチェック。
  4. 赤枠内に出金したい金額を記入し日本円を出金する(取消不可)をクリック。
  5. お客様口座情報、ご出金額に間違いがない事を確認し二段階認証を赤枠内に記入後、出金を確定するをクリック。

  6. ※日本円ご出金は手数料がかかり、3万円未満のとき540円、3万円以上のとき756円です。

送金方法

自分のアドレスの確認方法

  1. ログイン後、左にあるメニューから入出金をクリック。
  2. ここではアドレスを確認したいコインを選択。ここでは一例としてビットフライヤーでモナコインのアドレスを確認する方法を説明します。まずはMONAお預入をクリック。
  3. モナコインアドレスを取得するをクリック。すでに取得済みの方には表示されないため次のステップへ進んで下さい。
  4. 下記の青枠がモナコインアドレスとなります。赤枠はQRコードでアドレスを読み込む場合専用です。他の取引所やウォレットからモナコインを受け取る場合はこちらのアドレスを指定してください。その際アドレスは絶対に間違えない事。万が一アドレスを間違えた場合は送金したコインが戻ってこない場合もあります。

送金の仕方

  1. ログイン後、左にあるメニューから入出金をクリック。
  2. 他のアドレスへ送金したいコインを選択。ここでは一例としてビットフライヤーから他の取引所へビットコインを送金する方法を説明します。まずはBTCご送付をクリック。
  3. 赤枠にビットコイン送金先のアドレスを入力。青枠ラベルと言い、入力したアドレスがどこのアドレスなのかを自分で分かりやすくするために入力する。例えばコインチェックのビットコインアドレスに送金したい場合は、「赤枠:コインチェックのビットコインアドレス」、「青枠:コインチェック」というように入力し追加するをクリック。すでにアドレスとラベルを登録済みの方は次のステップへ進んで下さい。
  4. 送金先のアドレスに赤枠のようなチェックをつけ、青枠送金するビットコインの数量を入力。
  5. 送金の優先度を選択します。手数料を多く払うほど速く着金させることが出来ますが急ぎでない限りは普通を選択しても問題ありません。私が以前ビットフライヤーからコインチェックへ優先度普通で送金した際はだいたい30分ほどで着金しました。
  6. ビットコインを外部アドレスに送付するをクリック。
  7. ビットコインアドレス、送付数量、優先度を確認。間違いがなければ二段階認証の6桁の数字を赤枠内に記入し送付を確定するをクリック。

  8. 以上で送金の手続きは終了となります。

まとめ

ビットフライヤーの登録は出来ましたか?ビットフライヤーは日本の取引所なので登録方法も非常に簡単なものだったと思います。

取引高日本一のため板も安定しており、ある程度好きな価格でビットコインを購入出来るので初心者にもオススメの取引所となっています。

まだビットフライヤーに登録していないという方はこの機会に是非登録してみてください!!

ビットフライヤー(bitFlyer)公式ページはこちら

コメントを残す