League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)やMinecraft(マインクラフト)といったゲームをやったことはありますか?

私は学生の頃に熱中してやっていました(笑)

友達とオンラインゲームをするのは本当楽しいですよね!

今回はそんな2つのゲームにも関係がある仮想通貨、Digibyte(デジバイト)の特徴チャート将来性取引所について解説していきます。

Digibyte(デジバイト)とは


Digibyte(デジバイト)は2014年1月に公開された仮想通貨で、略号はDGBとなっています。

Digibyte(デジバイト)の基本情報
通貨名 Digibyte(デジバイト)
通貨略号 DGB
公開日 2014年1月
発行上限枚数 21,000,000,000DGB
取り扱い取引所 Bittrex(ビットトレックス)
Poloniex(ポロニエックス)
Cryptopia(クリプトピア)
WEBサイト https://digibyte.io/
ホワイトペーパー
時価総額

Digibyteはデジタル決済とセキュリティに重点を置いている仮想通貨です。

今後仮想通貨の認知度が広がっていくにつれ、デジタル決済にいかに柔軟に対応しているかと、セキュリティの高さというのは仮想通貨にとって必須になってきます。

Digibyteはそれらの需要にいち早く着目して開発に取り組んでいる通貨です。

Digibyte(デジバイト)の特徴

ここからはDigibyte(デジバイト)の特徴について簡単に説明していきます。

ブロック生成速度が速い

Digibyteにはブロックの生成速度が速いという特徴があります。

実際にどのくらい速いのかというと、ビットコインが10分に1度ブロックを生成するのに対してDigibyteは15秒に1度ブロックが生成されます。
ビットコインのおよそ40倍の速さですね!

ではブロック生成速度が速いとどのようなメリットがあるのでしょうか?

結論から言うと、ブロック生成速度が速いということはスケーラビリティ問題を解決することができます。

ビットコインでは10分以内のすべての取引がひとつのブロックに収められて処理をされます。
また、1つのブロックには当然収められる許容量があるためその限度を超えた分の処理は次のブロックにまわされてしまいます。
これがビットコインのスケーラビリティ問題です。

Digibyteでは15秒に1度ブロックが生成されるため、ビットコインのようなスケーラビリティ問題の心配はほとんどありません。

マイニングに5つのアルゴリズムを採用している

Digibyteはマルチアルゴリズムマイニング(Multi Algorithm Mining)を採用しております。

このマルチアルゴリズムマイニングとはマイニングに使用するアルゴリズムを複数にするということです。

アルゴリズムとは

目的をより効率的に達成するために定式化された処理手順のことです。
簡単に言うと「計算方法」のことでもあります。

実際に、Digibyteは下の5つのアルゴリズムを用いてマイニングを行っています。
・SHA-256
・Scrypt
・Groestl
・Skein
・Qubit

では複数のアルゴリズムを使うことにどのようなメリットがあると思いますか?

例えばマイニングに1つのアルゴリズムしか使用していないビットコインは一部のマイナーにマイニング市場が独占されているという問題がありました。

なぜマイニング市場を独占することが問題かというと、「非中央集権にすることで不正の発生しないシステムを実現する」というビットコインの根本が崩れてしまうからです。

このマイニング独占の仕方としては、豊富な資金力とハイスペックなマイニング用のマシンを使用することで独占していました。

このマイニングを独占する問題は5つのアルゴリズムを用いることで未然に防ぐことができます
例えばビットコインのマイニングを独占する際に使用されているASICBoostというデバイスはSHA-25のアルゴリズムでしか使うことができません。

また、この5つのアルゴリズムにはそれぞれブロックチェーンがあり、20%ずつ均等に分散されています。

世界的に有名なゲームで使用されている

Digibyteは世界的に有名なゲームであるLeague of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)やMinecraft(マインクラフト)のゲームで実装されています。

Segwit(セグウィット)を実装

DigibyteはSegwit(セグウィット)が最初に採用された仮想通貨です。

このSegwit(セグウィット)とはSegregated Witnessの略で、ブロックチェーンの取引記録(トランザクション)のサイズを圧縮することで、1ブロックあたりに記録できる取引の量を増やす仕組みのことです。

これにより、取引が滞るのを未然に防ぐことができ、取引を速やかに処理することができます。

ブロックチェーンを用いた人工知能

Digibyteはブロックチェーン技術と人工知能を組み合わせることで、自動化とデータ分析を行うことを目指しています。

Digibyte(デジバイト)のチャート


Digibyte(デジバイト)のチャートは下のようになっています。


2017年6月にMinecraft(マインクラフト)のゲーム内で使用することができるのではないかと噂が広がり注目を集めました。

また、2017年12月末に高騰していますが、これは世界最大手のセキュリティソフト企業の創設者、ジョン・マカフィー氏がDigibyteに関しての発言を行ったためだと思われます。
このジョン・マカフィー氏が仮想通貨のことをつぶやくと高騰することから、マカフィー砲と呼ばれています。

Digibyte(デジバイト)の将来性


Digibyteは技術面だけ見ると将来的にデジタル決済の機軸となってもおかしくないと思います。

ビットコインが直面している問題もDigibyteなら解決できますし、セキュリティも高いレベルを誇っています。

ただし、Digibyteはマーケティングがあまりうまく行っていない印象です。
技術はあるのにそれをうまく伝え切れていない感じがいなめません。

そこで、League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)やMinecraft(マインクラフト)などの有名ゲームを通してどのように認知度を広めていくかが当面の課題になるかと思います。

また、ブロックチェーンを人工知能の分野でも利用する試みをしているので、そこでの活躍にも期待が高まります!

Digibyte(デジバイト)の買い方・取り扱い取引所

残念なことにDigibyteは国内の取引所では取り扱っていません

取り扱いがあるのは海外のPoloniex(ポロニエックス)、Bittrex(ビットトレックス)、Cryptopia(クリプトピア)等です。

そこでDigibyteを取り扱っている取引所の特徴について簡単にまとめましたのでご覧ください!

Poloniex(ポロニエックス)

アメリカの取引所で取り扱っているコインは100種類以上、手数料は0.1~0.15%です。
本人確認としてパスポートなどが必要なため登録がすこし手間な取引所となっています。
Poloniex(ポロニエックス)取引所公式サイトはこちら

Bittrex(ビットトレックス)

アメリカの会社が運営している世界最大級の取引所で200種類以上のコインを取り扱っています。
手数料は0.25%となっており、少し高いです。
Bittrex(ビットトレックス)取引所公式サイトはこちら

3つの取引所を簡単に比較しましたがいかがだったでしょうか?

ここからは国内取引所へ日本円を入金して海外取引所でDigibyteを買うまでの流れを簡単に説明しますので参考にしてください!

おすすめのDigibyteの買い方

  1. 国内取引所Zaif(ザイフ)へ日本円を入金する
  2. Zaifでビットコインを日本円で購入する。
  3. ZaifからビットコインをCryptopiaへ送金する。
  4. CryptopiaでDigibyteをビットコインで購入する。

Digibyte(デジバイト)のまとめ

Digibyte(デジバイト)の特徴・チャート・将来性・取引所について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

Digibyteは高いセキュリティとデジタル決済の機軸になれる可能性を秘めた仮想通貨です。

そのため今後の開発やマーケティングしだいでは将来的に使われてもおかしくない通貨だと思います!