アルトコインFXが魅力!DMMビットコイン特徴と登録方法について解説していきます。

DMMビットコイン公式ページはこちら

DMMビットコインの特徴

DMMビットコインとは

DMMビットコインは、DMM.comの子会社のDMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所です。

もともとは「東京ビットコイン取引所」という名称で2016年よりサービスを提供しておりましたが、社名を「DMM Bitcoin」に変更して2018年1月からDMMビットコインとしてサービスを開始しました。

親会社のDMM.comはゲームやFXをはじめ様々な事業を展開しており、特にAV業界の中では有名AVブランドを多数抱えている最大手です。そんな超が付くほどの大手企業がバックについているため期待をしている方も多くいると思います。

取り扱う仮想通貨の種類

DMMビットコインでは現物取引レバレッジ取引の2種類の取引方法が用意されています。

現物取引で取り扱う通貨はビットコインとイーサリアムのみとなっており、他の国内取引所のコインチェック等に見劣りするかと思います。

ですがレバレッジ取引についてはビットコイン、イーサリアム、ネム、リップル、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュの計7種類の通貨を取り扱っております。

今まで国内の取引所ではアルトコインのレバレッジ取引というものがほとんどありませんでしたので、このアルトコインでのレバレッジ取引がDMMビットコインの最大の特徴といってもいいでしょう。

レバレッジとは

取引所に自分のお金を証拠金として預けることで、預けた証拠金の数倍の金額で取引が出来る仕組みのこと。

たとえば、10万円を証拠金として預けて、5倍のレバレッジをかけると50万円として取引をすることが出来ます。

手数料について

DMMビットコインでは取引にかかる手数料はほとんど無料となっています。

入出金手数料の場合は、クイック入金、銀行振り込み、出金、仮想通貨の入出金が無料です。
ただし、銀行入金の場合は振り込み手数料はお客様負担となるため、入金の場合はクイック入金を使用するのが良いでしょう。

また取引手数料について、現物取引はすべて無料で、FXの場合は新規注文、決済注文、ロスカットが無料となっております。

ただし、レバレッジ手数料に関しては他の取引所同様発生します。

利便性の高いツール

DMM.comが提供している「DMM FX」でのツールは抜群の操作性で初心者からデイトレーダーまで幅広い投資家に使われています。

そんなDMM.comのグループだからこそ提供できるツールもDMMビットコインの魅力のひとつです。

仮想通貨FXをしたことがない方でも感覚的にアプリを使いこなすことが出来る仕様となっています。

DMMビットコインの登録方法

それでは登録方法を説明していきたいと思います。

口座開設方法

  1. まずはこちらからDMM Bitcoin(DMMビットコイン)公式サイトへアクセス。
  2. 赤枠内にメールアドレスを入力し、私はロボットではありませんにチェックを入れ、送信するをクリック。
  3. 下記のような画面が出れば正常に登録確認メールが送信できているので届いたメールを開く
  4. メールを開いたら赤枠のリンクをクリック。
  5. 赤枠内にパスワードを入力し、確認のためもう一度青枠にパスワードを入力。その後送信するをクリック。
  6. ※パスワードにはアルファベットと半角数字をそれぞれ1文字以上含めてください。

  7. 下記のような画面が表示されれば正常に登録が完了。
  8. 実際に取引を開始するには本人確認と二段階認証を済ませてからになりますのでそのまま作業を続けていきましょう。

本人確認

  1. マイページにログインをクリック。
  2. 赤枠内にメールアドレスとパスワードを入力し、私はロボットではありませんにチェックを入れ、送信するをクリック。
  3. 左上の[未登録]こちらから本登録をおこなってくださいをクリック。
  4. 希望の口座開設を個人法人か選択し、青枠の各種重要事項に目を通す。
  5. すべての事項に目を通し、同意する場合チェックボックスをクリックしチェックをつける。
  6. お名前、フリガナ、性別、生年月日、携帯電話番号、メインメールアドレス、電話番号、ご通知用メールアドレスをすべて記入する。
  7. ※携帯電話番号と電話番号は同一のもので構いません。

  8. 現住所職業を記入する。
  9. 資産状況投資経験について記入する。
  10. ご案内について、はいいいえをクリックし、確認画面へをクリック。
  11. 入力したすべての事項に間違いがないことを確認して申し込むをクリック。間違いがあった場合は修正するをクリックし正しい情報を入力する。
  12. 続いて本人確認書類のアップロードを行う。提出する書類は写真付き本人確認書類の場合は1点、顔写真なし本人確認書類の場合は2点必要となる。ここでは一例として運転免許証を用いた本人確認を行う赤枠免許証(顔写真付き確認書類)を選択。
  13. 免許証の表面と裏面を撮影し、書類1に免許証の表面を、書類2に免許証の裏面をアップロード。アップロードの仕方としては赤枠内をクリックし提出するファイルを選択する。アップロードが完了できたら登録するをクリック。
  14. 続いて、携帯電話番号の認証手続きを行う。先ほど登録した電話番号が記載されていることを確認してコードを発行するをクリック。
  15. 登録した電話番号にショートメッセージで6桁の数字が送られてくるので、赤枠内に記入し、認証するをクリック。
  16. 以上で本人確認作業は終了です。
  17. 登録した内容で口座開設審査が行われ、審査完了後登録した住所へDMMビットコインから郵便物が送られてきます。
    そこに記載の認証コードを入力することで口座開設手続きは完了となります。
    郵便物が届いてからすぐに取引が始められるように、先に2段階認証の設定も済ませておきましょう。

2段階認証の設定

  1. DMMビットコインにログイン後、左にあるメニュー下の各種設定をクリック。
  2. 2段階認証設定をクリック。
  3. 2段階認証ではアプリ認証、メール認証、SMS認証の3つの中から選ぶことが出来ますが、ここでは当サイトが推奨しているGoogle Authenticatorを用いた二段階認証の設定の仕方について説明していきます。
  4. Google Authenticatorのダウンロードが済んでいない方こちらの記事を読みながらダウンロードしてください。

    ダウンロードが済んでいる方アプリ認証をクリック。

  5. Googleをクリック。
  6. 画面を下にスクロールすると2次元バーコードが出てくるのでGoogle Authenticatorでスキャンする。
  7. 赤枠内にGoogle Authenticatorに表示されている6桁の数字を入力し、認証するをクリック。
  8. 続いてどの画面で2段階認証を使うかを選択しますが、当サイトでは安全のためすべてにチェックをつけることをオススメしております。そのため、すべてのチェックボックスにチェックをつける。
  9. 赤枠内にGoogle Authentiに表示されている6桁の数字を入力し、設定を更新するをクリック。
  10. 以上で2段階認証の設定は完了です。念のためDMMビットコインを一度ログアウトし、再度ログインした際に二段階認証を求められるか確認してください。
    2段階認証を要求されれば正常に設定が完了しています。

DMMビットコインのまとめ

以上、DMMビットコインの特徴と登録方法について解説しました。

冒頭でも記載したように、DMM.comという超大手企業のグループ会社が運営しているというだけあって注目度は非常に高いです。
パソコンやスマホでのツールも感覚的に使えるものとなっており、初心者から上級者まで幅広い投資家にオススメの取引所となっております。

DMMビットコイン公式ページはこちら