みなさんは犬と猫どっち派ですか??

どっちも可愛くて迷いますよね!!

ちなみに私は犬を飼っていましたが、猫アレルギーと犬アレルギーを持っているのでどちらも苦手です(笑)

今回はそんな犬に関係がある仮想通貨、Dogecoin/DOGE(ドージコイン)特徴チャート将来性取引所について解説をしていきます。

Dogecoin(ドージコイン)とは

Dogecoin(ドージコイン)は2013年に公開された仮想通貨で、略号はDOGEとなっています。

Dogecoinの基本情報
通貨名 Dogecoin(ドージコイン)
通貨略号 DOGE
公開日 2013年
発行上限枚数 なし
取り扱い取引所 Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)
Bittrex(ビットトレックス)
Poloniex(ポロニエックス)
Cryptopia(クリプトピア)
WEBサイト http://dogecoin.com/
ホワイトペーパー 調査中
時価総額

ドージコインはもともと作られた目的が特にない仮想通貨です。

目的がないのになんで作られたの??

と思うかもしれませんが、ドージコインはお遊びで作られた仮想通貨なんです!

2013年に日本では柴犬が流行しており、その頃かぼすちゃんという柴犬が人気でした。
そんなかぼすちゃをモチーフにして作られたのがドージコインです。

ドージコインは作られた当初はお遊び感覚のコインでしたが、ソチ冬季オリンピックでジャマイカのボブスレーチームの出場のための寄付金を募ったことで話題になりました。

その後もドージコインのコミュニティが中心になってドージコインで寄付を行っており、寄付をする際の仮想通貨としての役割を持ちました。

そんなドージコインについて公式サイトに動画がのっていますので、まずはそちらをご覧ください!(英語なので苦手な方は飛ばしてもらっても構いません)

Dogecoin(ドージコイン)の特徴


ドージコインは技術的にはライトコインやビットコインと同じような特徴を持っているコインです。

そんなドージコイン独自の特徴について解説していきます。

発行上限がない

ビットコインもライトコインも発行上限枚数が決まっていますがドージコインには発行上限枚数が存在しません。

そのためマイニングが無限に行うことができますが、その分発行数量が多すぎて価格が落ちてしまうという危険もあります。

これがメリットであるかデメリットであるかは意見が分かれるところです。

寄付に適している

ドージコインはビットコインに比べると価格が非常に安いため、寄付やチップなどの少額での決済に向いている通貨です。

また、近年ビットコインでは送金詰まりが問題になっていますがドージコインでは送金詰まりがほとんどありません。

おそらくドージコインがただ単に使われていないだけだからだとは思いますが・・・・・

コミュニティが盛り上がっている

柴犬をモチーフにした日本の仮想通貨ということでコミュニティは非常に盛り上がっています

また、Doge Marketと呼ばれるコミュニティサイトではドージコインで商品を購入したり、ビットコインとの売買が行われたりしています。

Dogecoin(ドージコイン)のチャート

ドージコインのチャートは下のようになっています。


ドージコインは2017年後半から、アルトコイン全体の相場が上がったときに価格が上がり、相場が下がったときに価格が下がっています。

このことから他の通貨に比べて価格変動が少ない通貨だと思います。

Dogecoin(ドージコイン)の将来性


寄付をするならドージコイン、というように仮想通貨の中でも立ち位置を明確にしてきました。

そのため当初のようなお遊び感覚のコインという印象は徐々に薄れてきているかと思います。

ですが、ほかの仮想通貨と比べて存在価値が弱いのがネックです。

正直寄付をするだけのコインなら別に他のコインでもいくらでも代用ができるのではないか?と私は感じています。

そのため、私個人としてはドージコインの大きな成長は現段階では見込めないと考えています。

Dogecoin(ドージコイン)の買い方・取り扱い取引所

ドージコインは日本生まれの仮想通貨ですが、国内で取り扱っている取引所はMr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)のみとなります。

海外で取り扱いがあるのはPoloniex(ポロニエックス)、Bittrex(ビットトレックス)、Cryptopia(クリプトピア)等です。

そこでドージコインを取り扱っている取引所の特徴について簡単にまとめましたのでご覧ください!

Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)

国内取引所の中でも特にマイナーコインの取り扱いが多い取引所です。
ただし、取引手数料は1.5%~3.0%と割高です。
Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)取引所公式サイトはこちら

Poloniex(ポロニエックス)

アメリカの取引所で取り扱っているコインは100種類以上、手数料は0.1~0.15%です。
本人確認としてパスポートなどが必要なため登録がすこし手間な取引所となっています。
Poloniex(ポロニエックス)取引所公式サイトはこちら

Bittrex(ビットトレックス)

アメリカの会社が運営している世界最大級の取引所で200種類以上のコインを取り扱っています。
手数料は0.25%となっており、少し高いです。
Bittrex(ビットトレックス)取引所公式サイトはこちら

国内取引所で取引することもできますが、海外に比べて手数料が10倍くらいするのが悩みどころですよね。

そこでここからは国内取引所へ日本円を入金して海外取引所でDogecoinを買うまでの流れを簡単に説明しますので参考にしてください!

おすすめのDogecoinの買い方

  • 国内取引所Zaif(ザイフ)へ日本円を入金する
  • Zaifでビットコインを日本円で購入する。
  • ZaifからビットコインをCryptopiaへ送金する。
  • CryptopiaでDogecoinをビットコインで購入する。
  • Dogecoin(ドージコイン)のまとめ


    Dogecoin(ドージコイン)の特徴・チャート・将来性・取引所について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

    ドージコインは寄付をする仮想通貨として活躍の場を広げておりコミュニティも盛んです。

    ですが、通貨としてのポテンシャルはあまり高くないため、個人的にはあまり投資対象ではないなと感じております。