仮想通貨の時価総額ランキング2位のイーサリアム(Ethereum)について記載しています。イーサリアムの特徴や将来性、価格がわかるチャート、イーサリアムが買える取引所について。イーサリアムの最新情報もまとめてみたいと思います。

イーサリアム(Ethereum)とは

イーサリアム(Ethereum)とは、仮想通貨の1つでビットコインに次いで時価総額ランキング第2位の人気の高い仮想通貨です。

ホリエモンこと堀江貴文さんがイーサリアムに投資していることは有名ですね。

イーサリアム(Ethereum)の基本情報

[su_table]

公開日 2015年7月
通貨名称 ETH(イーサ)
発行枚数・発行上限枚数 8930万枚(無限)
開発 Ethereum Foundation
取引承認システム PoW(PoSに移行予定)

[/su_table]

イーサリアムとは、ブロックチェーン技術を用いたスマートコントラクト(※後述)を履行するためのプラットフォームの名称のことで、イーサリアムの通貨単位は「イーサ/ETH」と呼ばれています。

イーサリアム(Ethereum)が買えるおすすめ取引所

スマートコントラクトとは

イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトは、不正改ざんできないブロックチェーンの中に契約内容や契約の履行条件をプログラムすることができる機能です。

例えば、家を借りる場合、不動産業者を通して、署名や印鑑を押印して、手数料を払ったりなどを行う必要があります。
しかしスマートコントラクトの場合、このようなことを自動化できるシステムであるため、不動産業者のような仲介業者、第三者の手を借りずに自動的に行われるようになります。
私たち消費者にとって煩わしい契約を省略でき、手数料も安く、不正な改ざんの心配もいらないとても便利なシステムです。

メトロポリスについて

メトロポリスとはイーサリアムの大型アップデートのことを指します。

イーサリアムでは以下、4段階のハードフォークアップデートを行う計画で開発が進められています。

フロンティア(Frontier)
ホームステッド(Homestead)
メトロポリス(Metropolis)
セレニティ(Serenity)

フロンティア、ホームステッドの2つはすでに完了してます。
3つ目のアップデートがメトロポリス(Metropolis)、最後の4つ目のアップデートがセレニティ(Serenity)になります。

メトロポリス(Metropolis)には、「ビザンチウム」と「コンスタンティノープル」の2つに分けて実装される予定となっています。
1度目の実装である「ビサンチウム」は2017年10月16日に無事完了。

ビサンチウムにて
・イーサリアムのアルゴリズムであるPOW(プルーフオブワーク)からPOS(プルーフオブステーク)への移行準備
・Zcashと共同で開発される匿名性強化

などがアップデートされました。
コンスタンティノープルの詳細はまだ未定ですがセキュリティの強化などを行う予定です。

[su_note note_color=”#e5e5e3″]※POW(プルーフオブワーク)とは
POWとはビットコインで使われているマイニング方式で新しいブロックの生成権を獲得するために大量の電力を消費する方法。
POSは仮想通貨を保有している量が多いほど、またその保有期間が長いほど新しいブロックの生成権を獲得しやすくなる仕組み。[/su_note]

イーサリアム(Ethereum)の時価総額

RANK・・・仮想通貨時価総額ランキング
MARKET CAP・・・時価総額
VOLUME (24H)・・・24時間の出来高

イーサリアム(Ethereum)のチャート

ETH/BTC建てのチャートです。(BINANCE)日足になっています。



イーサリアム(Ethereum)が購入できる取引所

イーサリアム(Ethereum)が買えるおすすめ取引所

コインチェックの登録方法はこちらから

国内最大級の取引所!!コインチェック(coincheck)の特徴・登録方法について解説

イーサリアム(Ethereum)についてのまとめ

イーサリアムについて大事なことを箇条書きでまとめてみましたので御覧ください。

イーサリアム(Ethereum)・ビットコインに次ぐ時価総額第2位の人気の仮想通貨

・イーサリアムの最大の特徴は”スマートコントラクト”

・ビットコインの弱点を補っている

・大型アップデート「メトロポリス」「セレニティ」を控えている

イーサリアム(Ethereum)の今後について


イーサリアムは将来的には様々なサービスやシステムに組み込まれることが予想されています。
具体的には、スマートコントラクトの機能をカーシェアリングや金銭の貸し借りなどのサービスへの応用などが考えられます。

また、イーサリアムの技術を企業に取り入れようとする動きも盛んでイーサリアムアライアンスという企業連盟を結成しました。
そこには、マイクロソフト、トヨタ、三菱UFJなどの一流企業も名を連ねていて、通貨としての信用も高くなっています。

以上のことから私は、イーサリアムは今後も長く利用される仮想通貨なのではないかと考えています。