ファイナルファンタジーやバイオハザードのゲームをやったことはありますか?

私は学生の頃友達と朝までバイオハザードのオンラインをやっていました!!
オンラインゲームを友達とやるととても楽しいですよね。

今回はそんなオンラインゲームと深い関係にある仮想通貨GameCredits(ゲームクレジット)特徴チャート将来性取引所について解説をしていきます。

GameCredits(ゲームクレジット)とは


GameCredits(ゲームクレジット)は2014年9月に公開された仮想通貨で、略号はGAME、運営はGameCredits Inc.が行っています。

基本情報

GameCredits(ゲームクレジット)の基本情報
通貨名 GameCredits(ゲームクレジット)
通貨略号 GAME
公開日 2014年9月
発行上限枚数 84,000,000GAME
取り扱い取引所 Poloniex(ポロニエックス)
Bittrex(ビットトレックス)
Cryptopia(クリプトピア)

WEBサイト GameCredits公式サイト
ホワイトペーパー 調査中
時価総額

GameCredits Inc.はゲームクレジットやその他のブロックチェーンを利用した製品を使って、ゲーム業界に変革をもたらそうとしている国際的な企業です。

また、ゲーム業界のビジネスモデルを再定義するブロックチェーンを用いたゲームのプラットフォームを提供しています。

ではブロックチェーンの技術をゲーム業界に取り入れることでゲーム業界にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

ゲーム×ブロックチェーンの相性

実はゲームとブロックチェーンの相性はとても良くメリットだらけなんです。

①サーバーがダウンしない

ブロックチェーンはシステム障害に非常に強いため、ブロックチェーン技術を利用することでオンラインゲームなどでよくある問題の「サーバーダウン(俗に言う鯖落ち)」がなくなります。

オンラインゲームをやったことある人にはわかると思いますが、せっかくの休日にゲームをやろうと思ったらシステム障害による緊急メンテナンスでプレイできないっていうあの絶望から開放されます!これって凄いことですよね(笑)

②チートがいなくなる

ブロックチェーンの暗号化技術によって改ざんされたデータは出回らなくなり、これによってチート行為が無くなります!

これもオンラインゲームをやったことがある人なら、どれだけ凄いことかわかってもらえると思います!
PUBGで何度チーターに泣かされたことか・・・・
あの鬱陶しいチーターとさよならできるんです!

③GAMEをそのまま課金などに利用できる

ゲームクレジットのプラットホームを利用していればGAMEをゲーム内の通貨として利用することができるようになります。

それだけではなく、ユーザーはGAMEを持っているだけで、GAMEを利用することができるすべてのゲームでGAMEを使用することができます。

また、万が一ゲームのサービスが終了しても、同じゲームクレジットのプラットホームを利用したゲームなら他のゲームに転用することができます。

GameCredits(ゲームクレジット)の特徴


上記で説明したとおり、GAMEが導入されればユーザーにとっては「サーバーがダウンせず、チーターが存在しない」という大きなメリットがあります。

これだけでもゲームの開発側はゲームクレジットのプラットフォームを利用する価値があると思いますが、これ以外にも開発側には大きなメリットがあります。

そのひとつがコストを削減することができるということです。

たとえばGoogle PlayやApp Storeにゲームを出すと、手数料として利益の30%の金額がとられてしまいます。
しかし、ゲームクレジットのストアでは10%の手数料しか取りません!

さらにGoogleやAppleかユーザーからの支払金を受け取るまでに最大60日間待つ必要がありましたが、ゲームクレジットを利用することで入金を待つ時間が短縮されます。

そのため、ユーザーが課金したお金がすぐに開発会社に入るため、既存の方法でゲームを出すときよりも利益を出しやすくなります。

また、開発会社が利益を出せるということは、さらにいいゲームを開発するお金が増えるということなので最終的にはユーザーにもメリットがあります。

この他にも、仮想通貨という特性上、クレジットカード利用と比べて匿名性とセキュリティが高いためユーザーは安心して支払いをすることができます

開発者とゲーマーを直接つなぐプラットフォーム

2017年8月10日にゲームクレジットはGNATIONという開発者とゲーマーを直接つなぐプラットフォームを発表しました。

このGNATIONにはDetonatioN Gamingという日本のプロe-sportsチームも参加をしています。

e-sportsとは

electronic-sportsの略でゲームをスポーツ(競技)として捉えたときの名称です。
e-sportsでは優勝すると賞金として2億円以上がもらえる大会もあるほど盛り上がっています。

かくいう私も昨年、LOL(League of Legends)というゲームの大会を幕張で見たことがありますが、「ゲームの試合を見るだけでこんな大きな会場使うの?w」と思いました。

e-sportsのプラットフォームの発表

GNATIONと同じく、2017年8月10日にゲームクレジットはGAME.GGというe-sportsのプラットフォームの発表を行いました。

GameCredits(ゲームクレジット)のチャート


ビットコイン建てのGameCredits(ゲームクレジット)のチャートはこのようになっています。


GAMEの価格は2017年6月まで何度かの調整が行われつつも全体的に価格は右肩上がりでした。

しかし、2017年6月末からは価格が大幅に下落しています。
これはアルトコイン全体が大きく値下がりしている時期のため、相場全体の下落の影響だと思われます。

GameCredits(ゲームクレジット)の将来性


たかがゲームにそんな将来性なんてあるの?と思われるかも知れませんが、ゲームの市場はみなさんが想像しているよりもはるかに大きい市場となっています。

なんと、今やゲーマーは2億人を超えており市場の大きさは10兆円を越しているんです!

また、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)の技術が本格的にゲームに使用されるようになるとさらにゲーム業界は発展していくことが予想されます。

そのため、ゲームクレジットがこの大きな市場の汎用的なプラットフォームになることができればGAMEの価値というものは認められていくはずです。

またすでにオンラインカジノでの採用や、ファイナルファンタジーやバイオハザードという世界的に有名なオンラインゲームでもGAMEが採用されています。

ただし、将来に期待が持てる面がある一方でゲームクレジットには不安な点があります。

それは開発があまり進んでいないということです。

ゲームクレジットのストアである「G Store」ではまだゲームをあまり取り扱っておらず、現状ではGoogle PlayやApp Storeにコンテンツ量が遠く及びません。

そのため、現状ではG Storeを利用するユーザーも少なくまだ開発会社はG storeにゲームを出しても大きな売り上げは期待できないでしょう

GameCredits(ゲームクレジット)の買い方・取り扱い取引所


残念なことにGAMEは国内の取引所では取り扱っていません。

取り扱いがあるのは海外のPoloniex(ポロニエックス)、Bittrex(ビットトレックス)、Cryptopia(クリプトピア)等です。

GAMEを取り扱っている取引所の特徴について簡単にまとめましたのでご覧ください!

Poloniex(ポロニエックス)

アメリカの取引所で取り扱っているコインは100種類以上、手数料は0.1~0.15%です。
本人確認としてパスポートなどが必要なため登録がすこし手間な取引所となっています。
Poloniex(ポロニエックス)取引所公式サイトはこちら

Bittrex(ビットトレックス)

アメリカの会社が運営している世界最大級の取引所で200種類以上のコインを取り扱っています。
手数料は0.25%となっており、少し高いです。
Bittrex(ビットトレックス)取引所公式サイトはこちら

おすすめの購入方法としては、Zaif(ザイフ)等の国内取引所でビットコインを購入しクリプトピア等の海外取引所に送金、その後ビットコインでゲームクレジットを購入という流れです。

GameCredits(ゲームクレジット)のまとめ


GameCredits(ゲームクレジット)の特徴・チャート・将来性・取引所について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

ゲームクレジットがオンラインゲームの汎用的なプラットフォームになれれば、ユーザーと開発会社の両方に良い結果をもたらすこととができると思います。

個人的にはゲーム市場はまだまだ大きくなるポテンシャルを秘めていると思うので、ゲームクレジットにはゲーム業界をどんどん盛り上げていってほしいです!