セキュリティ対策として必須ともいえる、2段階認証の必要性と設定方法について解説します。

二段階認証とは?

二段階認証とはID/パスワードとは別に、さらにセキュリティーコードを設定することでセキュリティーのレベルを上げることです。
仮想通貨の取引所には、ビットコインやアルトコインそして円という資産が保管されています。
もし二段階認証を設定しておらずID/パスワードが流出した場合は、これらの資産が一瞬で盗まれてしまう可能性があります。
そのため、取引所に二段階認証の設定は自分の資産を守るために必須とも言えるのです。

またコインチェックとビットフライヤーは二段階認証を設定していれば、ハッキングの被害にあった際に保証の対象となります。
設定方法もさほど難しくはないので、必ず設定を行いましょう。

二段階認証アプリ「Google Authenticator」の設定方法

二段階認証には様々なものがありますが、主に「Google Authenticator」というGoogleが提供しているアプリを使用します。

  1. スマホにて専用アプリをダウンロード。
  2. Google Authenticator

    Google Authenticator
    開発元:Google, Inc.
    無料
    posted with アプリーチ

     

  3. ダウンロードが完了したらアプリを起動し、右上の「+」ボタンを押してQRコードリーダーを立ち上げる。

  4. 取引所のサイトにアクセスし、設定から「2段階認証を設定」という項目を選択するとQRコードが表示されるので、これをアプリにて読み取る
  5. 読み取ったアプリに表示されている6桁の数字を入力すると、二段階認証の設定が完了する
  6. 二段階認証のバックアップ

    二段階認証アプリ「Google Authenticator」は非常にシンプルで使いやすいアプリですが、セキュリティ上このアプリにはバックアップ機能がありません。

    そのためスマホの機種変更をする際にファイルから復元を行っても、Google Authenticatorは初期状態になってしまいます。

    また二段階認証のアプリがインストールされているスマホが故障した場合は、取引所等に一切ログインできなくなってしまいます

    取引所に問い合わせを行えば対応してもらえるようですが、海外の取引所の場合は英語で問い合わせを行わなければなります。

     

    私も仮想通貨を始めた当初は二段階認証のバックアップを取っていなかったのですが、その時にスマホが故障していたらと思うとぞっとします。

    その後全ての取引所で一旦二段階認証を解除し、2台のスマホで再設定を行うという非常に大変な作業を行いました。

    なおバックアップを取ってない際に、二段階認証を設定しているスマホが故障した際の対処法はこちらをご覧ください。

     

    このような事態を防ぐためにも、必ず以下の手順でバックアップを行いましょう。

    二段階認証の設定を行う際に複数のスマホでQRコードを読み取る

    二段階認証を行う際に表示されるQRコードを複数のスマホで読み取り、複数のスマホで二段階認証の設定を行います。

    これにより普段使用しているスマホが故障した際も、別のスマホで認証キーを表示させログインすることができます。

    設定も簡単なので、現在は使用していないスマホが手元にある方はこの方法が一番確実かと思います。

    QRコードのバックアップを取る

    二段階認証を行う際に表示されるQRコードを印刷やスクショにてバックアップを取ります。

    このQRコードを後から他のスマホで読み取れば、同じ二段階認証コードが表示されます。

    逆にこれらが第三者に流出してしまうと、二段階認証も突破されログインされてしまうので保管は厳重に行いましょう。

    また、一部の海外の取引所等ではバックアップを取ったQRコードは使用できないという噂もあるので、他の方法と併用することをおすすめします。

     

     

    Google Authenticator以外の二段階認証アプリを使う

    Google Authenticator以外にも、下記のような二段階認証アプリがありますので簡単に紹介します。

     

    ・IIJ SmartKey

    IIJ SmartKey

    IIJ SmartKey
    無料
    posted with アプリーチ

    IIJという格安SIMを取り扱う会社がリリースしたアプリです。

    Google Authenticatorと違い機種変更の際にアプリの操作のみで変更が可能となっており、認証キーを個別に他の端末へ移すこともできます。

    また、アプリ自体にパスコードをかけることもできます。

    IIJも十分大きな会社ではありますが、Googleと比べると信頼性が多少欠けてしまうのが唯一のネックな部分かと思います。

     

    ・Authy

    Authy

    Authy
    開発元:Authy Inc.
    無料
    posted with アプリーチ

    日本で使用している方は少ないですが、海外ではGoogle Authenticatorに次いで利用者が多いアプリです。

    こちらのアプリもGoogle Authenticatorと違い、複数端末での同期やバックアップが可能となっております。

    また、Chromeの拡張機能もありパソコンからも使用できるのも大きな特徴です。

    しかし日本語非対応のため全て英語表記となっており、設定が少しややこしいのが玉にキズです。

     

    まとめ

    今回は二段階認証の設定およびバックアップの方法について、解説を行いました。

    設定は少し手間ではありますが、自分の資産は自分で守るしかありません。

    何かあった後では遅いので、是非この記事を参考にして二段階認証の設定とバックアップを行ってください(^^)