二段階認証を設定しているスマホが故障した際の復旧・解除方法について解説します。
海外の取引所に問い合わせする際の一例もあるので、是非参考にして下さい。

二段階認証の落とし穴

自分の資産を守るために必須ともいえる二段階認証ですが、二段階認証アプリの「Google Authenticator」はバックアップ機能がありません
そのため、二段階認証の設定を行う際は必ず別の方法でバックアップを取る必要があります(詳しくはこちらをご覧ください)

ここではバックアップを取っていない場合に、スマホが故障した際の対処法を解説します。

スマホが故障した際の対処法

二段階認証を解除するためには取引所にログインをして設定から解除を行う必要がありますが、スマホが故障した場合はまずログインができません。
(この際にアカウントが凍結する恐れがあるため、二段階認証画面で適当に数字を入力するのは絶対に辞めましょう。)

基本的には取引所に問い合わせをし本人確認が完了後、二段階認証を解除をしてもらうという流れになります。

それでは二段階認証の解除をしてもらう流れを、取引所ごとに説明します。

coincheck(コインチェック)

コインチェックのヘルプページに記載されている、二段階認証の解除方法は以下の通りです。

2段階認証に使用するアプリ Google Authenticator をインストールした端末(スマートフォン・タブレット等)が、 使えなくなった、紛失した、6桁のパスコードを誤って消去してしまった際 には、お問い合わせフォーム よりお問い合わせくださいませ。

弊社のカスタマーサポートより、具体的な解除方法についてご案内いたします。

解除実行にあたっては、下記内容についてお教えいただきますので、予めご容赦くださいませ。

・お名前フルネーム
・ご登録の携帯電話番号
・IDセルフィー画像
各種情報の照合が確認できましたら、2段階認証を解除させていただきます。

コインチェックの営業時間は土日祝日を除く、平日:10時から18時となっております。

日本最大級の取引所ということでサポート体制もしっかりしており、早ければ数時間後には返信が来るようです。
その後、コインチェックから送られてくるメールの指示に従い確認事項を送れば二段階認証が解除されます。
なお、コインチェックに送るIDセルフィ―画像(身分証明書と自分の顔を一枚に写真に収めた画像)ですが以前に撮影したものではなく、最新のものでないといけないようなのでご注意下さい。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーのヘルプページに記載されている、二段階認証の解除方法は以下の通りです。

二段階認証を解除したいです。

ログイン後、設定メニューよりご自身で解除・変更することができます。
なお、セキュリティの観点から仮想通貨の外部送付時は、二段階認証が必須となっております。
ログインができない場合、お電話でご本人様確認をさせていただいた後、二段階認証機能を解除させていただきます。お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ビットフライヤーはコインチェックと異なり、折り返しの電話にて本人確認を行います。
(電話は非通知でかかってくるようので、ご注意下さい)
電話にて本人確認が完了後、二段階認証が解除されます。

 

Zaif(ザイフ)

ザイフは他の取引所と違い、あらかじめバックアップコードを作成することできます
事前にバックアップコードを作成していた場合は、それを用いて二段階認証を解除することできます。

ザイフのヘルプページに記載されている、バックアップコードを作成してない場合の二段階認証の解除方法は以下の通りです。

バックアップコードをお持ちでない場合
弊社にてお客様の二段階認証を一旦停止させていただきますので、お問い合わせページより2段階認証の停止依頼を行なってください。

こちらも他の取引所と同様に、お問い合わせより二段階認証の解除を申請します。

 

海外の取引所(Poloniex ポロニエックス)

海外の取引所の場合、英語で問い合わせをする必要があります
ここではPoloniex(ポロニエックス)を例に説明します。

  1. サポート専用アカウント(取引用アカウントとは別)を作成します
  2. サポートセンターを開き、サイト右上の「Sign up」を開きます。

  3. 必要事項を記入し、「Register」(登録)ボタンをクリック
  4. ログイン画面が表示されますがここではまだアカウントが有効化されていないので、ログインができません。
  5. 登録したメールアドレスに記載されているURLをクリックし、アカウントを有効化するページを開く
  6. 先ほど記載した名前を記入し、パスワードを設定する
  7. ログイン後、サイト右上の「新規サポートチケット」をクリック
  8. 記入例を参考に必要事項を記入し、「提出する」ボタンをクリック

  9. 運営からメールが来るので、保有しているコインや残高等の質問事項に答えると二段階認証の解除ができます。
  10. 海外の取引所ということもあり、二段階認証の解除までには時間がかかるようです。
    運営から返信が遅い場合でも、重複して同じ問い合わせを行うことは避けましょう。

    まとめ

    自分の資産を守るに必須とも言える二段階認証ですが、バックアップを取っておらずスマホが故障・紛失した際は非常に手間がかかってしまいます。
    特に海外の取引所の場合は認証までにも時間がかかってしまうため、その間の機会損失も大きいものとなってしまいます。
    このようなことにならないように、こちらの記事を参考に二段階認証のバックアップの設定は必ず行いましょう。