みなさんは仮想通貨を利用したゲームをやったことがありますか?

私は、現在Spells of Genesis(スペルズオブジェネシス)という仮想通貨を利用したゲームをやっています。

Spells of Genesisは「自分のカードをはじいて敵を倒す」というゲームなのですが、ゲーム内でのカードは1枚1枚が仮想通貨となっており、カード自体を仮想通貨と売買することができます。

ただしゲーム内にカードを入れておくだけでは売買はできません。
IndieSquare Walletという専用の仮想通貨を保管する場所に入れておく必要があります

そこで今回はIndieSquare Wallet特徴使い方について解説をしていきます。

仮想通貨を保管する場所ってどこ?


仮想通貨を保管する場所のことをウォレットといいます。

ウォレットは仮想通貨ごとにあり、たとえばイーサリアムのウォレットはMyEtherWallet、リップルのウォレットはLedger Nano S (レジャー・ナノS)となっています。

今回解説するIndieSquare Walletはカウンターパーティートークンのウォレットです。

カウンターパーティー
カウンターパーティートークン
カウンターパーティーウォレット

上の3つの言葉は似ているため少しわかりづらいかと思います。
そこで各単語の意味について簡単にまとめてみました。

カウンターパーティーとは

ビットコインのブロックチェーン上に構成されたプラットホームのうちの一つです。

カウンターパーティーは独自のブロックチェーンを持っていないため、ビットコインのシステムを「間借り」するような形で存在しています。

カウンターパーティーのプラットホームを利用すれば独自の通貨を発行することが可能になるので、手数料さえ払えば誰でも自分のトークン(仮想通貨)を作成できます。

カウンターパーティートークン(XCP)とは

カウンターパーティーのプラットホームを利用して発効されたトークン(仮想通貨)のことです。

上記でも説明したように、カウンターパーティーはあくまでもビットコインのブロックチェーンを利用するため、ビットコインと同等のセキュリティが確保されています。

作成されたトークンはカウンターパーティートークン(XCP)に対応したウォレット同士ならビットコインと同様に送金を行うことができます。

カウンターパーティーウォレットとは

仮想通貨であるカウンターパーティートークン(CPX)の利用に特化したウォレットのことです。
イーサリアムのウォレット、リップルのウォレットなどと同様に、カウンターパーティーのインターネット上のサイフを意味します。

いかがでしたでしょうか。

Spells of GenesisのカードはBitCrystalsというカウンターパーティートークンです。
そのため送金や売買を行うためにはカウンターパーティウォレットに入れておく必要があります。

IndieSquare Walletの登録手順


それでは実際にIndieSquare Walletに登録をして見ましょう!

登録はスマホからできます。所要時間はだいたい3分ほどです。

  1. 新しくウォレットを作るをタップ。
  2. 新規作成をタップ。
  3. 次へをタップ。
  4. 赤枠の中の英単語の羅列を保存してください。その後、間違いなく記録しましたにチェックをつけ、続けるをタップ。
  5. ※この英単語の羅列はログインをする際に使用するので必ず記録していてください。
    万が一機種変更をしたりスマホをなくした際は英単語の羅列(復元パスフレーズ)でログインをすることになります。
    復元パスフレーズを残していないとウォレットに入れなくなり中に入っていた仮想通貨は取り出せなくなってしまいます。

  6. パスコードを設定をタップ。
  7. 4桁のパスワードを打ち込む。
  8. 再度4桁のパスワードを打ち込む。
  9. 下記の画面はtouch IDの設定ができますが設定をしてもしなくてもどちらでも良いのでどちらかをタップ。
  10. さあ始めましょう!をタップ。
  11. 下記の画面までくれば正常に登録が出来ています。

IndieSquare Walletの使い方

  1. トップ画面
  2. トップ画面ではBTCとXCPの残高を確認することができます
    XCPのトークンをウォレットに入れた場合はそのトークンも表示されます。
    また、「送信する」をタップすると選択した通貨を送金できます。
    送金にはビットコインが手数料としてかかるためあらかじめビットコインをウォレット内に入れておく必要があります。

  3. 入金画面
  4. BTC,XCP,その他トークンの受け取りアドレスとQRコードがあります。
    ※入金の際、受け取りアドレスは絶対に間違えないでください。万が一間違えてしまった場合は送金したコインが紛失する可能性があります。

  5. 取引所
  6. この画面ではトークンの売買をすることができます。
    ビットコインに関してはIndieSquare Wallet内で売買をすることはできません。

  7. 履歴
  8. この画面ではコインの送受信の履歴を確認できます。

  9. メニュー
  10. この画面ではその他設定や登録情報を確認できます。

まとめ


IndieSquare Walletの特徴と使い方について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

IndieSquare Walletはカウンタパーティートークン(XCP)を用いたゲームをする場合は登録必須のウォレットです。

Spells of Genesis等のゲームでカードを売買する場合などは利用してみてはいかがでしょうか。

その他関連記事はこちら

その他関連記事はこちらから

記事内でも紹介した仮想通貨が稼げるゲームSpells of Genesisについて解説しています。
無料で始められるゲームの中ではクオリティが高く個人的にはかなり高く面白いです!

ブロックチェーンを用いたゲームを一覧にまとめています。
自分好みのゲームを見つけて遊んでみるのも良いと思います!