仮想通貨市場でビットコインの次に代表的なものといえばイーサリアムです。

そのイーサリアムを保管できるウォレットがMyEtherWalletです。

ICOへの参加やAirdrop等でこのMyEtherWalletは必要になります。

また、MyEtherWalletはその名の通り「財布」のことで、仮想通貨を取引所ではなく自分専用の財布に保管しておくことができます。

取引所で買ったコインをそのまま取引所に保管していると、取引所が倒産したり、ハッキングなどにより消失・紛失するといったリスクがあります。
2014年に東京に拠点を構えていたビットコイン取引所Mt.Goxが倒産。最近だと2018年に取引所コインチェックのハッキング事件など。

MyEtherWalletは登録も使い方も簡単なのでこの機会に作っておきましょう!

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)登録方法

まずは公式サイトにアクセスします。

始めてアクセスする場合は言語設定が英語になっている可能性があるので、上記で印をつけている部分から日本語を選択し、設定しましょう。

パスワードの設定をしよう!

9文字以上のパスワードを設定します。(※セキュリティを高めるために30文字以上のパスワードを設定することをおすすめします。また普段使っているパスワードの使い回しはやめましょう

30文字以上のパスワードを設定する際は「パスワード 乱数 生成」で検索して使いやすいサイトを利用すると便利です。パスワードを忘れないように必ず控えるようにしておいてください。

パスワードを入力し終えたら、お財布の作成をクリック。

Keystoreファイル/秘密鍵の保存

パスワードを設定し終えたらKeystoreファイルをダウンロードし保存しましょう。
このKeystoreファイルは今後MyEtherWalletにログインする時に必要になりますので、自分のわかりやすい場所に保存し紛失しないように管理してください。

ファイルをダウンロードしたら、「理解できました。続けます。」をクリックします。

続いて、秘密鍵コードが表示されるのでこちらも自分のわかりやすい場所に保存し絶対に紛失しないように管理しましょう。

秘密鍵とは、仮想通貨を利用するうえで自分のウォレットを開くために必要な64文字のアルファベットから構成されるものです。
この秘密鍵コードが外部に流出したり、他の人に盗まれてしまうとウォレットの資産を盗まれてしまいますので気をつけてください。また、パソコン内に保存しているだけだとパソコンが壊れたときにログインできなくなってしまいますので、紙に印刷して保管することをおすすめします。

最後に「アドレスを保存してください。」をクリックしてウォレットの作成が完了です。

※重要事項※

・Keystoreファイル
・秘密鍵
・お財布紙情報

これらを紛失してしまうと、ウォレットに入っているお金は2度と取り出せません。
何度も言いますが大切に保管しましょう。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)へのログイン方法

ウォレットの作成が完了したので、早速ログインしてみましょう。

メニューを選択する度に、ログインする必要があります。
ログイン方法についてですが、基本的には「Keystore/JSONFile」か「秘密鍵」のどちらかが良いと思います。

Keystoreファイル・パスワードでログイン

まずはKeystoreファイルとパスワードを使ったログイン方法を紹介します。

ログインする際に「Keystore/JSON File」のタブにチェックを入れます。

「お財布ファイルを選択」をクリックし、ウォレット作成時に保存したKeystoreファイルを選択しアップロードします。
次に、設定しているパスワードを入力し「アンロック」をクリックするとログイン完了です。

秘密鍵のコードでログイン

次に秘密鍵のコードでログインする方法を紹介します。

ログインする際に「秘密鍵」のタブにチェックを入れます。

「秘密鍵」の欄に保存してある秘密鍵を入力し、「アンロック」をクリックするとログイン完了です。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の入金方法

ウォレットを作成し、ログインの方法がわかったところで実際にウォレットへ入金してみましょう!
マイイーサウォレット(MEW)に入金する方法としては、コインチェックやビットフライヤー等の取引所からの入金が一般的になります。

これはビットフライヤーの画面です。

赤枠で示したところに、自分のMEWのアドレスを入力し、送金します。

自分のMEWのアドレスを知りたい時は、「お財布情報を見る」をクリックしログインします。

赤枠で示した「自分のアドレス」に書いてある数字がMEWのアドレスになります。
送金したいコインがある取引所からこのアドレスに送れば送金は完了になります。受け取り側で何か作業を行うということはありません。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の出金方法

MEWから送金(出金)する場合はウォレット内に最低0.01ETHを入れておく必要があります。
送金(出金)する際に発生する手数料をイーサリアムで支払わないといけないからです。

MEWのメニューから「Ether/トークンの送出」をクリックしログインします。

ログイン後は①から④の入力項目を埋めていきます。

①の「宛先アドレス」を間違えて送金してしまうとETH(イーサリアム)がそのまま消失して2度と戻ってこない恐れがあるため、しっかりと確認し間違えないように注意してください。

②の送出数量は送りたいイーサリアムの数量を入力してください。

③のガスリミット④のガス価格は、特に急いでもない場合はデフォルトのままで大丈夫です。

ガス価格、ガスリミットとは

ガスは手数料、リミットは決められた上限です。
この部分は送金する際にかかる手数料だと覚えておいてください。
つまり、ガス価格とガスリミットを上げれば送金速度を高めることができます。

入力項目を埋め終えたら「トランザクションを生成」をクリックします。

生成が終わると「トランザクションの送出」というボタンが出てきますので、そちらをクリックすることで送金は完了します。

ETH以外のトークンの送出選択方法について

ETH以外の通貨を送信したい場合は通貨単位を変える必要があります。

上の画像のように最初はETH以外の通貨を保有していても選択肢に現れません。

画面右にある「Load Token Balances」をクリックし保有している通貨の情報を読み込みます。

このタイミングで通貨の選択画面にも該当の選択肢が現れます。他は通常の送金方法とおなじになります。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)対応トークンについて

MEWが対応しているトークンを確認する場合は画面右下の「Show All Tokens」をクリックします。

するとこのように保管できるトークンの銘柄一覧を確認することができます。
ちなみに現在2018年2月時点で200種類以上のトークンに対応しています。

ログアウトについて

取引所などでは、ログアウトボタンがありますがMEWにはログアウトボタンが存在しません。

他のページへ移動すると自動的にログアウトされるようになってますので安心してください。

ウォレットの操作が終わったらそのままブラウザを閉じれば自動的にログアウトされるので大丈夫です。

ガスリミット、ガス価格の指定があった場合について

ICOに参加する際、ガスリミット、ガス価格の値の指定がある場合があります。
例えば、StatusというICOの時は、「ガスリミットが20000,ガス価格は50Gwei」という指示でした。

このような場合は、指示された通りにそれぞれの値を変更しましょう。

画面上の「ガス価格」をクリックすると画像のように表示されます。
メーターを動かして数値を変更できるので、指示された価格にしましょう。

ガスリミットも指示された数値を入力しましょう。

送金の際にかかる手数料について

送金する際に必要となる手数料ですが、大体「0.001ETH~0.002ETH」くらいだと思います。
送金するイーサリアムやトークンの量によって自動で調節されます。

イーサリアムクラシックについて

イーサリアムクラシックを保管したい時は、上部メニューから「ETC」を選択します。

イーサリアムの時と同様にログインを行うとウォレットのアドレスは同じですが、アカウントの表示がETCに変わります。

つまり、1つのアドレスでイーサリアム、イーサリアムクラシック、イーサリアム上のトークンを管理することができるということです。とても便利ですよね。

まとめ

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法から基本的な使い方についてまとめてみました。
ウォレットは取引所から仮想通貨を避難させ、保管しておくことができます。
仮想通貨を始めたばかりの初心者の方は、取引所にコインを預けたままってパターンが多いですがウォレットに保管することをおすすめします。
ウォレットと聞くと難しそうだなってイメージがありますが、上記で紹介したように基本的に難しい操作はなく送金や入金を簡単に行うことができるということがわかって頂けたと思います。

また現在はICOの募集がほとんどイーサリアムで行われているため、今後参加を検討されている方はMEWの操作方法を覚えておいて損はないのでこの機会にMEWの登録を済ませておきましょう!

最後に何度も繰り返し言いますが、ログインパスワード、Keystoreファイル、秘密鍵、お財布紙情報は大事に保管するようにしてください。

登録方法や使用方法でわからないことがありましたらコメントで質問を受け付けております!