仮想通貨の1つであるネム(NEM/XEM)について記載しています。ネムの特徴や将来性、ネムを購入できる取引所、価格がわかるチャート、カタパルトの詳細などを分かりやすく紹介します。
また、ネムの最新ニュースもまとめています。

仮想通貨NEM(ネム)とは

NEMはビットコインなどと同じ仮想通貨の1つで、日本でも人気のあるアルトコインです。

NEMはもともとNew Economy Movement(新しい経済活動)の略称でした。現在はその略称ではなくNEMという固有名詞となっています。

金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を目標としてはじまった仮想通貨のプロジェクトです。

NEM/XEMの基本情報
通貨名 ネム(NEM)
通貨略号 XEM
公開日 2015年3月
発行上限枚数 8,999,999,999XEM
取引承認システム PoI(Proof-of-importance)
取引承認スピード 約1分

NEM(ネム)とXEM(ゼム)の違いについてですが簡単に説明すると

NEM(ネム)は、プロジェクの名前で、XEM(ゼム)は仮想通貨の紙幣の名前です。

NEMの処理能力

NEMの取引スピード(ブロック生成間隔)が約1分とかなり早いというのも1つの特徴です。

ビットコインが約10分、ライトコインが2.5分とされているので、NEMの取引スピードがいかに早いか分かると思います。

ネム(NEM)の1番の特徴PoIについて

PoIとは、Proof-of-importanceの略で、日本語に訳すと重要性の証明です。
NEMのブロックチェーンで使用されているアルゴリズムです。

このPoIというアルゴリズムは、ビットコインで使われているPoW(Proof of Work)やイーサリアムで使われているPoS(Proof Of Stake)の問題点を解決するために生まれました。

PoWはシステムが膨大な処理を行い、その報酬として通貨が発行されるというもので、システム・電力などのコストが高いという欠点がありました。

POSは通貨の保有量に応じて報酬(通貨)が発生するというものでPoWに比べコストがかからず、PoWにおける欠点を改善できる技術として注目されました。

しかし、PoWとPoSのどちらも、大規模なサーバー施設を持っていたり、大量にコインを持っていたりと”一部の人間に報酬が偏り、お金持ちがさらにお金を得るという仕組み”となっていました。

そこでネム(NEM)の開発者は、この富の偏りをなくすためPoIを開発しました。

アカウントにインポータンス(重要度)というPoI値がつけられ、保有しているXEMの残高も重要ですが、それだけでなくPoI値が高いほど報酬が得られる確率が高くなるように作られています。

NEMのネットワークに参加してXEMをたくさん送受信したアカウントはPoI値が上昇します。

ちなみにこのPoI値は、上昇するだけでなく下がることもあります。ネットワークに参加すればするほどPoI値は上がりますが、参加数が減ればPoIも下がる仕組みになっています。

つまりどういうことか簡単に説明すると、たくさんのNEM(XEM)を持っていれば報酬が貰えるのではなく、NEM(XEM)を使って他者とより多く取り引きをした人に報酬が与えられるということです。

NEMのプロジェクトの目標として”金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出”とあったように富の再分配を促すような仕組みを取り入れていることがNEMの一番の特徴といえるでしょう。

ハーベスティングとは

ビットコインなどのマイニングにあたる行為をNEMでは、ハーベスティングと呼んでいます。

NEMを送金する際、手数料が発生します。この手数料の一部をハーベスティングに参加している人が「ハーベスト報酬」として受け取ることができます。

先ほどPoIの説明の時に、「たくさんのNEM(XEM)を持っていれば報酬が貰えるのではなく、NEM(XEM)を使って他者とより多く取り引きをした人に報酬が与えられるということです」とありましたよね。ハーベスト報酬とはこの報酬のことです。

ハーベスティングに参加するには、NEMの公式ウォレットであるNanoWalletに10,000XEM以上の残高が必要です。
PCの電源をオフにしていてもハーベスト報酬が得られます。

ただし先述したように、ウォレット内のNEMで取り引きを行わない場合PoIスコアが低下し、ハーベスト報酬を得られる機会も減っていきます。

ネム(NEM)のスーパーノードについて

300万XEM以上保有し、最低秒間2000回繰り返しでハッシュ可能であること、NISのバージョンが最新であることなどの条件をクリアした人がスーパーノード(SN)を立てることができます。

スーパーノードを立てた人は1日の4回のチェックにパスすると、1日約320XEMの報酬をもらうことができます。

ハーベスト報酬とは別途で与えられいます。

このSN報酬の原資はNEM財団が保有する約2.5億XEMとなっており、残り2,3年で枯渇するなんて言われてます。

枯渇した場合はトランザクション手数料の一部がSN報酬として割り当てられる予定です。

NEM.io財団の紹介

NEMのコミュニティ2016年12月に国際的な親組織とするべく、シンガポールに保証有限責任会社であるNEM財団を設立し、各国や地域に支部を作っていくことになりました。

NEM.io財団の主な目標は、「NEM技術を振興し、ビジネス、学術、そして政府部門にまでその採用を拡大すること」と発表してます。


評議会員として日本の仮想通貨取引所zaifを運営しているテックビューロ代表、朝山貴生氏が参加しています。
日本でNEM.io財団が話題になる理由の一つですね。

NEM.io公式サイトはこちら。

ネム(NEM)のアポスティーユ機能

アポスティーユ(公証機能)とは、ブロックチェーンにファイルの情報とタイムスタンプを刻んだ公証を作成し、ファイルの信頼性を監査できるようにする機能です。

ブロックチェーンは重要な契約書や不動産登記のような書類を残すのに非常に優れていると言われています。

ブロックチェーンは基本的に改ざんができないので過去のデータを不正に改ざんすることが当然できません。
またこういったデータを管理する際にかかる費用を大幅に削減することができます。

それを簡単に誰でも使えるようにしているのがこのアポスティーユという機能です。

ネム(NEM)とmijinの関係

NEMを調べていると「mijin(ミジン)」という言葉に出会うことがあります。

mijinとは、日本の取引所Zaifの運営会社「テックビューロ」が開発するNEMの技術をもとにしたプライベートブロックチェーンです。

mijin紹介の公式動画がこちらです。1分40秒で見れてカッコよく編集されてるので一度見てみてください!

ここまでの説明や動画では言葉が難しく理解しにくいと思います。

すごく簡単に言うと、mijinは「速く、安く、安全に」ブロックチェーン技術を誰もが簡単に使えるように構築された画期的なプラットフォームだということです。

2015年12月に野村総合研究所と住信SBIネット銀行がブロックチェーンの実証実験にあたりmijinを採用することが発表されるなど多くの企業が注目を高めています。

導入の申込企業は既に403社を超えています。

日本初 ジビエ食肉流通トレーサビリティにmijinブロックチェーンを本採用!

一般社団法人日本ジビエ振興協会(本社:長野県茅野市、理事長:藤木徳彦、以下「ジビエ振興協会」)は、ジビエ食肉トレーサビリティシステムへ、テックビューロ株式会社のブロックチェーン製品「mijin」を採用し、2017年10月より試験運用を開始した事を発表。本システムは順次、実サービスとして全国へ展開予定。mijinによる初の公開可な大型実用案件です

他にも下記のようなことがありました。

詳しくはmijinの公式サイトへアクセス。

NEMのブライベート版であるmijin、その開発を進めるテックビューロ社
そこが運営する取引所Zaif要注目です。

ネム(NEM)のカタパルトについて

ネムのカタパルト(Catapult)とは、ネムの機能をアップデートできるプロジェクトのことです。

このカタパルトによってネムの送金処理能力を大幅に向上させ、アグリゲート・トランザクションという機能を追加させるという事が挙げられます。

送金処理能力の向上

ネムにカタパルトの技術が実装されることにより、1秒あたり4000件ほどのトランザクションが可能になり、処理速度が早くなるとされています。

分かりやすく比較すると、ビットコインが1秒間に約14取引、イーサリアムは1秒間に15件、高速決済の銀行間や国際送金を売りにしているリップルが1秒間に約1500取引です。

さらに、クレジットカードの中で世界一の処理能をもつVISAは、1秒間に4000~6000取引で、カタパルトが実装されればクレジットカードと並ぶことになります。

アグリゲート・トランザクション

アグリゲート・トランザクションとはホワイトペーパーによると「基本的には複数のトランザクションを一つのセットとしてとりまとめて、該当する当事者のマルチシグが完結した場合に、そのすべてを”同時”に決済できる機能である」と言われています。

これだけでは分からないですよね。画像を見ながら解説していきます。

具体例として、左上の女の子がアリスで右上の男の子がボブです。
画像の中でアリスがボブに1ビットコインを売る、その対価としてボブがアリスに30万円支払うことを意味しています。

もし、この二人が口約束だけで仮想通貨と日本円の交換を行った場合、アリスから1ビットコイン送られてきたのを確認したボブは30万円払わずに持ち逃げする可能性がありますよね。逆にボブが30万円払ったのにアリスが1ビットコインを送らないといったことも考えられます。

なので、こういった取り引きを行う場合第三者(エスクローサービスなど)を介せば心配なく安全に取り引きができます。
しかし、第三者を介する場合は手数料が高額だったりシます。

そこでアグリゲート・トランザクションでは、この第三者である仲介役をmijinのブロックチェーン上で行う事で手数料を安く済ませつつ安全に取り引きを行うことができます。

この仕組は「スマートコントラクト」とも言われますが、イーサリアムでも同様のことが行なえます。

イーサリアムとの違いは、イーサリアムを持っていなければスマートコントラクトが利用できませんが、カタパルトの場合ではZaif取引所を使うことで、他の通貨でもこのスマートコントラクト機能を利用することができるのです。

これら2つの機能のアップデートであるカタパルトですが、2018年にNEMに実装される予定です。

ネムの今後を左右すると言っても過言ではない重要案件であるカタパルト(Catapult)について、当サイトでは今後も最新情報をお届けいたします。

ネム(NEM)の時価総額

RANK・・・仮想通貨時価総額ランキング
MARKET CAP・・・時価総額
VOLUME (24H)・・・24時間の出来高

ネム(NEM/XEM)のチャート

ビットコイン建てのネムの現在のチャート(POLONIEX)です。2017年の5月と12月の上がりようが凄いですね。

2018年にカタパルトが実装される予定なのでどうなるか注目です。


NEMを購入するならZaifがおすすめ!

日本国内の取引所でNEM/XEMを購入する場合、私はZaifをおすすめします!

Zaifがおすすめな理由 手数料が安い

私がZaifをおすすめする一番の理由が手数料が他の取引所に比べて安いということです。

Zaifの手数料が0%~0.1%なのに対してコインチェックは5%~7%です。

どのくらいの差があるのか具体例を用いて見ていきましょう。

例えば10万円で単価20円のNEM(XEM)を購入する場合、

Zaifだと4995XEM買えます(手数料0.1%)が、コインチェックだと4750XEM(手数料5%)しか買えません。
”245XEM”も差がついています。

もし100万円分買った場合は10倍の2450XEMとパーセントで見るとわかりにくいですが手数料は侮れません。

Zaifを利用してお得にNEMを購入しましょう!

Zaifでネム(NEM/XEM)を購入する方法

Zaifでネムを購入する場合こちらの記事が参考になると思います。

Zaifのアカウント開設から入金方法、取り引きの流れまでをまとめています。初心者の方でも仮想通貨を購入することができるようにわかりやすく解説しています。

NEMの公式ウォレット

取引所でNEM/XEMを購入したら、そのまま取引所に置きっぱなしにするのは非常に危険です。

取引所は通貨を預ける所ではなく取引をするところです。購入した通貨は専用のウォレットにて管理することをおすすめします。

XEMの保管は公式からNanoWallet(ナノウォレット)が推奨されています。NanoWalletの登録方法や入金・送金方法などは下記の記事で詳しく記載してるので、ぜひ参考にしてください。

ネム(NEM/XEM)の最新ニュース

ネムの最新ニュースを更新していきます。
ネムの新しいニュースや価格の大きな変動があれば随時更新していきます。

2018年1月26日コインチェックの5.2億XEM盗難事件!

画像はXEM/BTCの2018年2月16日現在のグラフになります(POLO)

2018年1月26日コインチェックのNEM流出事件が発生しました。日本円にして約580億円のNEMが盗難されました。

今回の事件ではあくまでもコインチェックの取引所側のセキュリティ面に問題がありました。
NEM自体に脆弱性は発見されてはいません。

コインチェック社の記者会見の内容はこちら

2018年1月4日NEMが高騰!250円にタッチ!

1月4日の朝に200円を突破しその後も上昇が止まらずに一時250円に到達しました!

年末年始にかけ仮想通貨がメディアによって取り上げられたことがきっかけでNEMだけでなくほとんどの仮想通貨が高騰しました。

この時NEMが何かに採用されたなどの好材料はありませんでした。仮想通貨市場が膨れ上がっていく中で「値段が安く日本語情報が豊富」という理由から高騰したと考えられます。

今後もこの時と同じ理由で購入する市場参加者は出てくると考えられます。

ネム(NEM/XEM)の将来性について

個人的な意見も混ざりますが、2018年NEMの価格が高騰しそうな要因を考察していきたいと思います。

カタパルト実装で送金処理能力の向上

「ネム(NEM)のカタパルトについて」でも解説しましたが、一番の注目は2018年NEMに実装予定のカタパルトです。

このプロジェクトが実装されれば、処理速度はクレジットカードの「VISA」に並びます。

そうすると、NEMが仮想通貨での決済手段として大きく飛躍するのは間違いないと思います。それに伴いNEMの価格の高騰が予想されます。

コミュニティーの盛り上がり

NEM自体は単なるプラットフォームに過ぎません。

つまり、これからNEMをみんなで作り上げていく必要があります。

そこで重要になるのがコミュニティーの盛り上がりだと私は考えています。

NEMは保有者のコミュニティーが活発なことで有名です。NEMってすごく愛されている仮想通貨なんです。

コミュニティーの中でも有名なのが渋谷にあるnembarです。
NEM支払いが可能なバーで仮想通貨界隈の人で連日賑わっています。

夏にはNEMのうちわも配られていました

NEMは1単価が他の通貨に比べて安い

こちらの画像は2018年2月16日のものです(コインチェック)
NEMだけ100円を切っているので、なんとなく買いやすいってイメージがあると思います。

そんなことが関係あるの?って思われるかもしれませんが、これから仮想通貨を始める人にとってこの印象って大事です。

2018年1月4日にNEMが250円に到達した時も好材料は一切無く、NEMの単価が安いって理由だけで買われて3倍以上に暴騰しました。

メディアへの露出が増えている

お笑い芸人のかまいたちの山内さんが「もしM1で優勝したら1000万円分のNEMを買います」と宣言したことが話題になりました。
結局M1で優勝なかったのですが、その後ZaifのCMにも起用されています。

TwitterでもNEMに関するツイートを行っています。

芸能界でも仮想通貨は注目されています。これからもNEMだけではなく仮想通貨自体の認知が世間に広がっていくと予想されます。

まとめ

NEMについてまとめてみましたがいかがだったでしょうか。

NEMが行おうとしている富の再分配はとても興味深いものだと思います。

2018年にはカタパルト実装予定とNEMにとってとても大事な一年になること間違いありません。
これからも当サイトではNEMの最新ニュースを追っていきたいと思います。