1月26日に約580億円相当のNEMを不正送金されたコインチェックでしたが、本日その補償を発表いたしました。
その補償とは保有者約26万人に日本円で返金するというものでした!

これでとりあえずはコインチェックにNEMを預けていた人たちも安心ですね!

補償の詳細

補償内容の詳細は以下のようになっております。

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間 : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額 : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。   

補償発表を受けて

補償発表の中で私が気になった部分を解説していきます。

補償金額

今回の補償内容での一番の注目は補償金額のレートが88.549円であることです。
被害額は約580億円ですが、相場が下落したことにより補償総額は約463億円となっております。
この補償内容を受けてすぐにコインチェック銘柄が上昇しNEMは100円台になったため、
お金が返ってくるといえど少し不満が残る対応となりました。

補償時期

補償時期については未定となっており、コインチェックがその気になれば10年後なんてことも・・・・。
実際は信用回復のためにも出来る限り早く返金すると考えられますが、果たしていつになるのでしょうか。

まとめ

私の中でコインチェックは倒産するか買収されるかNEMのみGOXか・・・という予想を立てていましたが、なんと自力で580億ものお金を返済するとは考えておりませんでした。
まだ設立されて数年の会社がこれだけの大金を出すとはどれだけ儲けていたんでしょうか。

補償内容は決まりましたが、まだまだ問題が山積みなことに変わりはないです。
そのため当サイトではしばらくの間、コインチェック取引所をオススメすることは出来ません。
しかし圧倒的にUIが良いことには変わりはないので、セキュリティ体制が見直されればまたオススメ出来る取引所になる可能性はあると思います。

コメントを残す