本日(1/26)コインチェックが不正アクセスで580億円相当のNEM(ネム)を流出しました。この事件の概要とコインチェックの対応、補償等についてまとめていきます。

概要

コインチェックは1月26日未明に外部からの不正なアクセスによって580億円相当のNEMが流出したことを明らかにしました。
流出したのは顧客が預けているNEMでNEM以外のコインについてのハッキングは起きていません。
今回ハッキングされた顧客の資産についてはホットウォレットに保管しており、ホットウォレット内のNEMがほぼ全て流出しました。

記者会見の内容

1/26 23:30~の記者会見の内容についてまとめましたのでご覧ください。

  • 外部からのハッキングで580億円相当のNEMが不正送金された
  • 不正送金されたNEMは全て顧客のものであり、顧客数は不明
  • 不正流出したNEMの補償については検討中
  • どういう状況で不正送金されたか現時点では不明で調査中である
  • NEM以外の通貨のハッキングは確認されていない
  • コールドウォレットはシステム的に難しく入れていなかった
  • ハードフォークするかどうかはコインチェックでは決められず、ネム財団にはハードフォークは出来ないと断られた
  • 安全に取引できるようになるまでは運用開始できない
  • 取引所サービスの内容は今後、検討中
  • ネムの取引については全て停止中
  • 復旧の見通しはたっておらず、BTC売買以外は未定。
  • 一度に不正流出したわけではなく、8時間かけて複数回に分けて不正送金された
  • (記者)技術的問題があったのか、それとも人の過失の問題か?

(コインチェック以下CC)技術を持つ人材が不足していました。

  • (記者)大きく残高が減った場合にアラートはならなかったのか?

(CC)アラートシステムはあるが現在は確認中です。

  • (記者)補償とは具体的にどうするのか?

(CC)補償内容、NEMと円どちらで補償するかについて検討中です。

  • (記者)数時間経過しているがネム口座数の把握も出来ていないのか?

(CC)調査中です。

  • (記者)CMをやっているが金融庁の登録状況はどうなっているのか?

(CC)登録が出来る前提であり、みなし事業者です。

  • (記者)全額補償できるのか?

(CC)検討中です。

  • (記者)出金自体に何か無理な理由があるのか?

(CC)理由はないが協議中です。

  • (記者)顧客数の公開は出来るのか?

(CC)株主に確認をしないと出来ません。

  • (記者)CMを流しているのにセキュリティが甘い状態でなぜ営業していたのか?

(CC)同時並行でお客様にサービスがしたかったからです。

  • (記者)今後営業は継続可能なのか?破綻するのか?

(CC)営業できると思っています。

  • (記者)資産は残っているのか?

(CC)検討中です。

  • (記者)セキュリティについての規模感は?

(CC)内部で作っており開発者は40人です。

  • (記者)韓国でどうようの事件はあったが危機感はなかったのか?

(CC)危機感はあり、セキュリティを高めていかなくてはと思っていました。やれることはやっていました。

  • (記者)外部のホワイトナイトに助けを求めることは?

(CC)検討中です。現時点では声もかかっていません。

  • (記者)NEMを取り扱っている理由は?

(CC)他の取引所でも取り扱っているのでコインチェックでも取り扱っている。

  • (記者)NEM以外のコインや円については守られているのか?

(CC)現時点で確認はされていません。

  • (記者)今後の検討について外部の人間の収集はあるのか?

(CC)プロジェクト化して検討します。

  • (記者)ハードフォークされないとのことだったが、ネム財団のサポートはあるのか?

(CC)市場への営業が大きいためこの場では言えません。

  • (記者)今後のスケジュールは?

(CC)第一に顧客資産保護です。

  • (記者)100万円までの補償はされるのか?

(CC)検討します。

  • (記者)コールセンターの人数は?

(CC)50人です。

  • (記者)コールセンターの人数は何人に増員するのか?

(CC)200、300人規模にします。

  • (記者)通貨によってはコールドウォレット、マルチシグしてたのか?

(CC)BTCはコールドウォレット、マルチシグしており、イーサリアムはコールドウォレットしています。

  • (記者)想定しうる最悪のケースは?

(CC)顧客の資産が全てなくなるケースだがそれはないと思います。

  • (記者)社長、取締役の進退については?

(CC)検討中です。

  • (記者)NEMについての被害額は

(CC)ほぼ100%です。

まとめ

記者会見の内容をまとめると不正送金により580億円分のNEMを失いましたが、まだ解決する方法は何も分かっていません
また最終的に現金やNEM以外のコインが帰ってくるのかは約束出来できず、補償自体をどうするか検討中とのことです。
正直この対応を見てしまうと私としては現段階ではコインチェックはオススメ出来ません
今から新規で仮想通貨をはじめようと考えている方は、ビットフライヤー等のセキュリティが堅牢な取引所をオススメいたします。