コインチェックから「日本円出金の再開の見通しについて」公式発表がありました!その内容とそれに対する投資家の反応をまとめています。

1月26日にコインチェックにて発生した、NEM(ネム)の不正流出事件が起こって以来、コインチェックからは日本円の出金が一切できなくなっていました。それ以来2度目の発表となっておりますが、内容はどのようなものだったのでしょうか。

コインチェックの公式発表の内容

公式発表の内容は以下の通りとなっております。(原文まま)

日本円出金の再開の見通しについて

2018年1月30日付のリリースでご案内をしております通り、当社では現在、日本円出金に伴う技術的な安全性等について、確認・検証中であり、再開に向けた準備を進めております。外部専門家の協力も得つつ行っている確認・検証を踏まえ、皆様には日本円出金の再開時期をお知らせいたします。

なお、お客様がアカウントに保有している日本円につきましては、金融機関の顧客専用口座に保全されております。また、お客様がアカウントに保有している仮想通貨(BTC/ETH/ETC/LSK/FCT/XMR/REP/XRP/ZEC/LTC/DASH/BCH)につきましても、ホットウォレットから退避し、コールドウォレット等に保管しております。

今しばらくご迷惑をおかけいたしますが、何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

日本円は顧客専用口座に、仮想通貨はコールドウォレット等に保管しているとのことで、資産はしっかりと管理されているようで一安心ですね。
しかし前回のお知らせに引き続き、出金再開の日程に関しては一切明記されていません
技術的な安全性が確認され次第とのことでコインチェックも具体的な日程に関しては言及しにくいとは思いますが、ユーザーからしたら今回の発表はあまり納得のいく内容ではない気がしますね。

発表を受けての反応

ひとまずは資産管理がしっかりされているということに安心するという方が多くいました。

しかし、発表内容の仮想通貨の保管に関して「コールドウォレット」となっていることから、全ての仮想通貨をコールドウォレットで管理しているわけではない?と不信感を頂いている方もいました。

また出金再開の日時が具体的に明記されていないため、あまり納得のいく発表ではないという方も数多くいました。出金再開に関しては管理体制が整ってからでないと、業務違反命令となってしまうという意見もあります。

コインチェックに関してはまだまだ問題が山積みのようですが、我々はユーザーはコインチェックを信じて続報を待つしかないようですね。
今回の問題に関しては続報が入り次第、またまとめたいと思います。