最近仮想通貨を使ったゲームが続々とリリースされているのをご存知でしょうか?

有名どころですと、イーサエモンやクリプトキティーズなどがあります。

今回紹介するSpells of Genesis(スペルズオブジェネシス)についてもその1つで、ゲームをしながら仮想通貨を稼ぐことが出来ます。

ゲームをやってお金を稼げるなんて、そんな夢のような話あるの?」と思いますか?
私はこの話を聞いたとき思いました。

ですがこのSpells of Genesisは本当に稼ぐことが出来るかもしれないんです!!

どうやって稼ぐの?なんで稼げるの?といった疑問に答えるべく、今回はSpells of Genesisの特徴とゲーム性について解説していきます。

Spells of Genesis(スペルズオブジェネシス)ってどんなゲーム?


Spells of Genesisとは「自分のカードを指ではじいて攻撃し敵を倒す」という、昔でいうところの「おはじきゲーム」、今で言うところの「モンスト」のようなゲームです。

私たちプレイヤーは自分たちのカードをはじいて敵を倒し、倒した報酬でカードを強化してまた強い敵に挑む・・・・というゲーム性になっています。

百聞は一見にしかず!ということで下の公式動画をご覧ください。

Spells of Genesisが今までのゲームと違うところは、ゲーム内で使用するカードをブロックチェーンに載せているところです。

ブロックチェーンとは

ビットコインなどの仮想通貨に使われており、これを用いることでデータの改ざんが不可能になります。

ブロックチェーンにカードを載せるとどうなるの?

簡潔に言うと、ブロックチェーンにカードを載せることでカードの価値が保障されます

Spells of Genesisでのカードは発行枚数が限られており、そのカードが何枚発行されているのか誰でも確認を出来ます。
またデータの改ざんも実質不可能のためカード一枚一枚に価値が生まれます

売買する際は「Bitcrystals(BCY)」というCPトークン(カウンターパーティトークン)を使って売買を行います。

Bitcrystals(BCY)のトークンはSpells of Genesisのカード一枚一枚に割り当てられます。
また、当然ですがBITCRYSTALSは仮想通貨のため、実際に売買を行うことが出来ます。
つまり、カードはトークンとして他の人に送ることが出来たり、ビットコイン等と同様に売買することができます

BITCRYSTALS(BCY)の特徴

・ブロックチェーンを使用するゲームに組み込まれた通貨

・ゲームの世界だけでなくブロックチェーン上でもゲームアイテムやカードを所有できる

実際にSpells of GenesisのSATOSHICARDというレアカードの価格は数十万円で取引されています
それはこのカードが世界に200枚しかない激レアカードだからです。

ゲームが人気になりユーザーがどんどん増えていくと価格もどんどん上昇する・・・・という仕組みです!

ただし、これには「ユーザーが増え続けていく」事が前提になります。
途中で開発が終わったり、ゲーム性が面白くなければユーザーが増えずに稼ぐことが出来ません

そこでSpells of Genesisは面白いのか実際のゲーム性を解説していきます。

Spells of Genesis(スペルズオブジェネシス)のゲーム性について解説

Spells of Genesisの遊び方

Spells of Genesisは遊戯王等のトレーディングカードゲームのようにカードを集める楽しみと、敵を倒してステージをクリアする達成感が楽しめます。

また、ゲーム性としては既存のゲームにありそうなシンプルなものですが、カードの相性や能力を考えてパーティを作る戦略性が求められます。

カードの種類とレア度

カードの種類はブロックチェーンカードであるかブロックチェーンカードでないかの2種類になります。

無料でゲットできるカードはほとんどがブロックチェーンカードではなく、有料で購入することが出来るカードがブロックチェーンカードとなります。
ただし、後述しますが、無料でゲットできるカードでもある一定の条件を満たせばブロックチェーンカードにすることができ、売買をすることができます。

カードには現在4つのレア度が存在しており、レア度が低い順からフリーカード、パブリックカード、プレミアムカード、スペシャルカードと呼ばれています。

特に一番レア度が高いスペシャルカードは普通に購入することは出来ず、何かのキャンペーンの際にプレゼントされる特別なカードとなっています。

ゲーム内のアイテムをブロックチェーン化

Spells of Genesisではゲーム内のカードをブロックチェーンカード(トークン)に変えることが出来ます。
これにより、万が一ゲームのサービスが終了してもブロックチェーン上に「アイテムの所有権が自分である」ということが残ります。

ブロックチェーン化するには条件があり、カードを究極形態まで育て上げておく必要があります。

これはパズドラやモンストで言うところの「進化させてレベルマックスにしたカード」のようなもので、究極形態までするのにはそれ相応の時間と労力が必要です

そのため、究極形態を買いたいという人もおり売り手も多く存在するようです。

まとめ


Spells of Genesisについて解説してきましたがいかがだったでしょうか。

昨今のゲームでは課金などでお金を使うことはあってもお金を稼ぐことは出来ませんでした。

しかし、今後はSpells of Genesisのようにゲーム内で仮想通貨を使うことが出来るようになることでゲームを使って稼ぐことが出来ます

プレイ自体は無料で出来ますので、気になった方はプレイしてみてはいかがでしょうか。

Spells of Genesis公式サイトはこちら

その他の仮想通貨を使用したゲームはこちらからどうぞ!