最近仮想通貨初心者の方から「ビットコインを買いたいけど取引所がたくさんあってどこを選んでいいのか分からない!!」「ビットコイン以外も買ってみたい!!」という声をよく聞きます。

日本国内にある取引所は現在14社あるので、どこで取引するか迷うのは当然ですよね。

そこで今回は初めて仮想通貨を購入する際のオススメの取引所を紹介していきます。

そもそも仮想通貨取引所とは

ビットコイン等の仮想通貨を購入する場合は仮想通貨取引所という仲介業者を通して購入するのが一般的です。

仮想通貨取引所とは例えば株で言うところの証券会社のようなものですね。

本来、ビットコインの購入をする人と売る人は取引所などを介さずに直接売買をすることができます。

しかし、ビットコインを買いたい人は売りたい人がどこにいるのか分からず、逆に売りたい人は買いたい人がどこにいるのか分かりません。

そこで取引所はビットコインを買いたい人と売りたい人をマッチングさせて、両者から手数料をもらって利益を出しています

仮想通貨取引所は基本的に「売買の仲介役」であるということですね。

もちろん、仲介だけではなく、仮想通貨取引所が「販売所」として個人へ販売を行う場合もあります。

仮想通貨取引所内でビットコインを買いたい場合は「販売所」と「取引所」のどちらかで購入をすることが出来るのでそちらの違いから解説していきましょう。

取引所と販売所の違い

販売所」はビットフライヤーやコインチェックといった販売元と個人で直接売買を行う所です。

販売元は元々多額のビットコインを仕入れて保有しているので、ユーザーは販売元が保有しているビットコインを買ったり売ったりすることが出来ます。

販売所での価格は「販売元が提示をする価格」なので取引所の相場より高い値段で購入することになりますが、その分手数料は無料となっている所が多いです。

取引所」はbitFlyerやコインチェックといった販売元が仲介をして個人と個人が売買を行う所です。

ユーザー同士が売買の注文を出してそれが成立した際は販売元に仲介手数料を払う払う形をとっています。

取引所と販売所のどちらで買う方がお得なの??

結論から言うと「市場が落ち着いている場合は取引所で売買をしたほうがお得」となります。

「販売所」は販売元の提示する価格のため取引所の手数料を考慮してもやはり割高になってしまいます。

ですが、売り手が殺到して買い手がほとんどいないという状況だと取引所では売りたくても売れないです。

そこでそういった状況ではすぐに売ることが出来る販売所の利用を検討すると良いでしょう

取引所と販売所の違いについては下の記事で詳しく説明していますのでよろしければどうぞ。

取引所を選ぶ上で見るべき3つのポイント


「取引所は株で言うところの証券会社のようなもの」と言いましたが、一口に証券会社といってもそれぞれの証券会社でサービス内容が全然違うように、仮想通貨の取引所も取引所ごとにサービス内容がまったく違います。

そのサービス内容の違いから取引所を選ぶ際に絶対に見ておくべき3つのポイントをピックアップしました。

取引所を選ぶ上で見るべき3のポイント

  1. 手数料の安さ
  2. 主にかかってくる手数料としては入出金手数料、売買手数料の2つが挙げられますが、もちろん取引所によって異なります。
    特に短期で仮想通貨のトレードをする方にとっては売買手数料が安いと言うことは非常に重要です。

  3. 取り扱っている仮想通貨の種類
  4. 仮想通貨は現在ビットコイン以外にも数百種類のコインが存在します。
    中にはビットコイン以上の潜在価値を持った通貨もあるため、取り扱い数が多ければ多いほどその分チャンスは広がります。

  5. セキュリティはどうなっているのか
  6. コインチェックのNEM不正送金事件で「仮想通貨の取引所ってセキュリティ大丈夫なの?」と考えている方は多いかと思います。
    そこで取引所がどのような管理体制で顧客の資産を管理しているのかは重要なポイントになります。

国内取引所14社の中から手数料の安さ・取り扱っている仮想通貨の種類・セキュリティの3つを重点的にみると、初心者に一番オススメの取引所はZaif(ザイフ)だと考えます。

初心者にオススメの国内取引所Zaif(ザイフ)

ザイフの一番大きな特徴はビットコインの取引手数料がマイナスということです。
他の取引所は取引をした際、手数料を払わなければなりませんが、ザイフの場合は手数料をもらうことが出来ます。
取引をすればするだけお金をもらえるので、気づけば大金になっていた・・・」なんてこともあるかもしれませんね。

また、ザイフは取り扱っている通貨の全てを取引所で購入をすることが出来ます
コインチェック等の他の取引所はビットコインしか取引所で扱っていないという状況の中、ビットコイン以外の通貨も取引所が利用できるのは大きなメリットです。

セキュリティに関しても全く問題はありません
基本的なセキュリティはもちろん、顧客からの預かり資金をネットワークから完全に分離して管理しているためハッカーなどに盗まれる心配はほとんどありません。

取引所は複数持っていたほうがいい!


仮想通貨の売買をする上で、取引所は複数持っていたほうが良いです。

取引所を複数持つメリットはいくつかありますが、覚えていてほしいメリットは二つだけです。

それは、買える通貨の種類が増える事リスクヘッジになるという事です。

先ほど「取り扱う仮想通貨の種類が多ければ多いほどその分チャンスは広がる」と説明したとおり、複数の取引所を持つことで単純にどの通貨を買うかの選択肢が増えます。

出来れば全ての取引所を開設してほしいところですが、「全て登録するのはめんどくさい」と思われる方がほとんどだと思うので慣れてきたら徐々に登録をしてみてください。

また、取引所を複数持つことはそのままリスクヘッジにつながります。

最近は仮想通貨の取引をする人口が増えたことで取引量が一気に増えてきました。

そのため、それに耐えられずにサーバーがダウンして取引を行うことが出来ないという状況も出てきます。

そんな時、複数の取引所を持っていれば他の取引所で取引を行うことができます。

また、セキュリティがしっかりしているとはいえ100%安全とは言い切れません。
例えばコインチェックのNEM不正流出事件のような事件があった際も、もしコインチェックに全ての資産を預けていたら大変なことになってしまいます。

そのため、仮想通貨をはじめたばかりの方でも少なくとも3つは登録をしておくべきです。

ビットコイン取引量日本一のビットフライヤー


ザイフ以外の取引所で初心者にオススメなのはテレビCMでもおなじみのビットフライヤーです。

ビットコイン取引量、ユーザー数、資本金ともに国内1位のため安定している取引所となります。

手数料と取り扱い通貨の数はザイフに劣ってしまうものの、セキュリティはしっかりとしているため十分オススメ出来る取引所です。

アルトコインの取引をするなら必須!海外取引所のBinance(バイナンス)


国内の取引所を2つ開設した後は海外の仮想通貨取引所に登録してみるのが良いでしょう。

海外取引所は国内で取り扱っていない通貨を多数扱っています。また取引量も日本の取引所とは桁違いの所が多いです。
そんな海外取引所で一番のオススメはBinance(バイナンス)となります。

バイナンスは世界で一番取引の多い取引所として有名で、扱っている仮想通貨の種類は110種類以上です。
これは国内取引所14社で取り扱っている仮想通貨の種類を全て足してもバイナンスの取り扱い数の方がはるかに多いと言うことです。

くわえて、取引所での取引手数料が0.1%と驚くほど安く、さらにバイナンス独自のBNBトークンを手数料に使用すると取引手数料が半額の0.05%になります。

サイト内は日本語対応しておりませんがサイト内は感覚的に操作できる程分かりやすく作られております

取引所を使いこなす方法


以上、国内外の取引所を合計3社紹介しましたがいかがだったでしょうか。

3社それぞれに良さがあるため、この3社を使い分けするだけでも充分なトレードが可能です。

例えば下記のような使いかわけが出来ます。

ビットコインの短期売買をしたい→取引手数料がマイナスのザイフを利用する。

ビットコインを中長期で持ったりビットコインの送金を行ったりしたい→セキュリティが厚く安定感のあるビットフライヤーを利用する。

ビットコイン以外にも色々な仮想通貨の売買をしたい→手数料が安く、豊富な通貨を取り扱っているバイナンスを利用する。

今回は初心者の方向けに、基本的な売買だけを目的とした取引所をオススメしましたが、取引所にはそれぞれ違った特性があるため、仮想通貨でどのような投資がしたいかによって選ぶ取引所が変わってきます

例えばアルトコインFXをしたいならDMM Bitcoin、まだ世界で注目を集めていないコインで一攫千金を狙いたいならCryptopia等です。

仮想通貨の売買に慣れてきたら自分の投資スタイルに合った取引所を探すのも良いと思います。