匿名系の仮想通貨って何があるかご存知ですか?

有名どころだと、NEM(ネム)やDASH(ダッシュ)等がありますよね!

今回はそんな匿名系の仮想通貨、Verge/XVG(バージ)特徴チャート将来性取引所について解説をしていきます。

Verge(バージ)とは


StrVerge(バージ)は2014年10月に公開された仮想通貨で、略号はXVGとなっています

Verge(バージ)の基本情報
通貨名 Verge(バージ)
通貨略号 XVG
公開日 2014年10月
発行上限枚数 16,500,000,000XVG
取り扱い取引所 Binance(バイナンス)
Bittrex(ビットトレックス)
WEBサイト https://vergecurrency.com/langs/ja/
ホワイトペーパー https://vergecurrency.com/assets/Verge-Anonymity-Centric-CryptoCurrency.pdf
時価総額

バージは買い物や会計管理などの取引の透明性が要求されるシーンでは取引を公開して、企業間の商取引や機密情報の取り扱いなどは取引を隠すことができる仮想通貨です。

たとえばビットコインを送金すると自分のアドレスからどこのアドレスにいくら分のビットコインを送ったのかといった情報がすべて公開されてしまいます。

しかし、バージを利用した場合はそれらの情報をすべて隠してやり取りをすることが出来ます。

Verge(バージ)の特徴


バージにはビットコインのようなオープンな取引と匿名通貨のような情報を隠す取引の切り替えができるという特徴があります。

これはにTor1とi2Pという技術を用いています。

Tor1とi2Pとは

Torとは通信の接続経路を匿名化する技術のことです。
i2Pとは通信の通信の始点と終点、通信間の内容も匿名化する技術のことです。

百聞は一見にしかず!ということでまずは下の動画がわかりやすくまとめられているため見てみましょう!

バージ最大の特徴レイス・プロトコル

バージにはレイス・プロトコルという機能が備わっています。

このレイス・プロトコルのおかげで、バージを利用するユーザーは取引を公開するか匿名にするか選択をできます。

たとえば、会計管理などの取引の透明性が必要なものは公開する、機密情報の取り扱いのときは匿名にする等の使い分けができます。

ほとんどのOSに対応している

動画でもあったとおり、ほとんどのOSに対応しているため、パソコンやスマホでも簡単に利用することが出来ます。

スマホで気軽に使えるのは非常にありがたいですよね!

バージ公認キャラクター「バージリスク」が可愛い

バージには公認キャラクターがおり、名前は「バージリスク」といいます。

バージリスクってどんなキャラ?と気になる人もいると思うので公式のプロフィールをのせておきます。

ことばをしゃべる爬虫類で語尾は「~バジ」。口癖は「プライバシー!」。お仕事は忍者(アルバイト)。
お調子者かつ恐妻家なので、嫁にまずいところが見つかるとスゥ…っと透明になって身を隠す。
趣味は酒、競馬、パチンコ、アイドルなどなど、おっさんぽいことは大体好き。
推し通貨はVergeで、いつも手裏剣にはめて手に持っている。
興奮するとついつい人にVerge(20XVG程度)を投げつける習性のあるありがたい爬虫類(忍者)。
Twitterでバージリスクくんに話しかけると、投げやりな返事や占いで返してくれる。

プロフィールを読めばわかるとおり、バージの通貨としての特性をあまり反映してキャラクターですよね(笑)

Verge(バージ)のチャート


バージは2017年に暴騰した通貨として有名です。

なんと2017年初めから12月までで約10000倍になっています。

もしも2017年の初めに1万円入れていたとしたら1億円になっている計算です!

Verge(バージ)の将来性


これは匿名系の仮想通貨全体にいえることですが、匿名通貨は日本で認めにくいと言われています。

なぜかといいますと、一番大きな理由は取引記録が残らずに追跡ができないため、マネーロンダリングなどに悪用される可能性があるからです。

現状では匿名通貨は主にダークマーケットで利用されていますので、このような状況が変わらない限りは日本で匿名通貨を認めるのは難しいです。

世界的に見てもやはり日本と同じようにマネーロンダリングへの悪用は懸念されています。

ダークマーケットとは

Google ChromeやInternet Explorerなどの一般のブラウザからはアクセスできないウェブサイトのことです。
ここではドラッグ、武器、盗難されたクレジットカード情報などの違法なものが取引されています。

マネーロンダリングとは

マネーロンダリングとは犯罪によって得られたお金をあたかも正当な手段で得たお金と見せかけることです。
たとえば麻薬取引や脱税等によって得られた汚れたお金を資金の出所がわからなくするために、架空の口座を利用して送金を繰り返したりします。

Verge(バージ)の買い方・取り扱い取引所

残念なことにバージは国内の取引所では取り扱っていません

取り扱いがあるのは海外のBinance(バイナンス)、Bittrex(ビットトレックス)等です。

そこでバージを取り扱っている取引所の特徴について簡単にまとめましたのでご覧ください!

Bittrex(ビットトレックス)

アメリカの会社が運営している世界最大級の取引所で200種類以上のコインを取り扱っています。
手数料は0.25%となっており、少し高いです。
Bittrex(ビットトレックス)取引所公式サイトはこちら

2つの取引所を簡単に比較しましたがいかがだったでしょうか?

どうせ買うなら手数料が安いバイナンスがいいですよね!

ここからは国内取引所へ日本円を入金して海外取引所でバージを買うまでの流れを簡単に説明しますので参考にしてください!

おすすめのVerge(バージ)の買い方

  1. 国内取引所Zaif(ザイフ)へ日本円を入金する
  2. Zaifでビットコインを日本円で購入する。
  3. ZaifからビットコインをBinanceへ送金する。
  4. BinanceでVergeをビットコインで購入する。

Verge(バージ)のまとめ


Verge(バージ)の特徴・チャート・将来性・取引所について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

バージは取引を公開するシーンと、取引を隠すシーンを分けて使えるため、個人でも企業でも利用する価値のある通貨として将来に期待が寄せられています。

ですが、投機目的でバージに投資をする人も多いとため、もしバージを購入する方がいましたら価格の乱高下には注意が必要です!