みなさんは自分の仮想通貨というものを発行したことはありますか?

実は独自の仮想通貨(トークン)を発行できる方法はいろいろあります。

今回はそんな独自の仮想通貨を発行できる機能を持った仮想通貨、Waves(ウェーブス)特徴チャート将来性取引所について解説をしていきます。

Waves(ウェーブス)とは


Waves(ウェーブス)は2016年4月に公開された仮想通貨で、略号はWAVESとなっています。

Waves(ウェーブス)の基本情報
通貨名 Waves(ウェーブス)
通貨略号 WAVES
公開日 2016年4月
発行上限枚数 100,000,000WAVES
取り扱い取引所 Binance(バイナンス)
Bittrex(ビットトレックス)
WEBサイト https://wavesplatform.com/
ホワイトペーパー https://blog.wavesplatform.com/waves-whitepaper-164dd6ca6a23
時価総額

Wavesは、一般の人でも独自の仮想通貨が作れるようにしよう!として作られた仮想通貨です。

仮想通貨は誰でも作ることが可能なのは知っていますか??

自分だけの仮想通貨を発行した場合はいろいろな使い道が考えられます!

代表的な例で言うと、株のように販売をして資金を集めるクラウドファンディングのような使い方が考えられます。
また、仲間内などのある一定のコミュニティ内で使えるポイントのような使い方もできます。

このように、通貨としての役割だけでもさまざまな使い方ができるのが仮想通貨の魅力の1つです。

そんな仮想通貨を専門知識のない一般の人でも簡単に作れるようにしようという目的を持っているのがWavesです。

Wavesはイーサリアムやカウンターパーティートークンのように独自の仮想通貨を作成できる機能を持っています。

Waves(ウェーブス)の特徴

ここからはWaves(ウェーブス)の特徴について簡単に説明していきます。

分散型取引所(DEX)の機能を持っている

Wavesは分散型取引所としての機能も持っています。

分散型取引所とは中央管理者がいない、個人間で直接仮想通貨のやりとりができる取引所です。

Binance(バイナンス)やbitFlyer(ビットフライヤー)といった中央集権型取引所とは真逆の取引所ですね。

この分散型取引所の特徴としてはハッキングのリスクがほとんどないことがあげられます。
なぜかというと分散型取引所では資産の管理や取引はすべてブロックチェーン上で行っているからです。
ブロックチェーンには「データの改ざんができない」という特性があるため分散型取引所のほうが安全であるといえます。

ただし、秘密鍵の管理などは全て自分でしなければ資産が引き出せなくなってしまうため、自己管理能力が必要です。

独自の仮想通貨の発行が簡単

Wavesの分散型取引所内では独自の仮想通貨を簡単に発行することができます。

また作成する費用も安く、作成した通貨はすぐに分散型取引所内で取引を行うことができます。

この仮想通貨を発行できる機能はCAT(Custom Application Token)と呼ばれています。

Waves(ウェーブス)のチャート


Waves(ウェーブス)のチャートは下のようになっています。


Waves(ウェーブス)の将来性

Wavesは独自の仮想通貨を簡単に発行できるという点では非常に魅力的な通貨だといえます。

しかし、イーサリアムやカウンターパーティートークンなど、他にも仮想通貨を発行できる通貨はあるため強みとしては少し弱いかなぁと感じています。
たしかに作りやすさで言うと一番簡単かもしれませんが、正直他の通貨も少し調べれば作り方はでてきますし(笑)

ただ、発行した直後にすぐに分散型取引所内で使用できるというのは他にはないメリットなのかなと感じています。

まだまだ発展途上の通貨なのでWavesの価値は今後の動向次第といえそうですね。

Waves(ウェーブス)の買い方・取り扱い取引所

残念なことにWavesは国内の取引所では取り扱っていません

取り扱いがあるのは海外のBinance(バイナンス)、Bittrex(ビットトレックス)等です。

そこでWavesを取り扱っている取引所の特徴について簡単にまとめましたのでご覧ください!

Bittrex(ビットトレックス)

アメリカの会社が運営している世界最大級の取引所で200種類以上のコインを取り扱っています。
手数料は0.25%となっており、少し高いです。
Bittrex(ビットトレックス)取引所公式サイトはこちら

2つの取引所を簡単に比較しましたがいかがだったでしょうか?

どうせ購入するなら手数料が安いバイナンスがおすすめです!

ここからは国内取引所へ日本円を入金して海外取引所でOmiseGOを買うまでの流れを簡単に説明しますので参考にしてください!

おすすめのWavesの買い方

  1. 国内取引所Zaif(ザイフ)へ日本円を入金する
  2. Zaifでビットコインを日本円で購入する。
  3. ZaifからビットコインをBinanceへ送金する。
  4. BinanceでWAVESをビットコインで購入する。

Waves(ウェーブス)のまとめ


Waves(ウェーブス)の特徴・チャート・将来性・取引所について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

個人的には「他の通貨で代用できるんじゃないか?」くらいに思っています。

というのもまだ開発はあまり進んでいないからですね。

ただし、今後ロードマップで予定されているスマートコントラスト等の機能が全て実装されれば、Wavesは魅力的な通貨になるのではないかと思います!